JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

未払い給与の件でご相談させていただきます。相続にもからんだ話なのですが、姉が昨年亡くなった父の相続財産から27年分の

解決済みの質問:

未払い給与の件でご相談させていただきます。相続にもからんだ話なのですが、姉が昨年亡くなった父の相続財産から27年分の未払い給与支払いを要求してきました。姉は父の事務所(父と姉の二人だけですが)で働いていて住民登録についても父の居住する実家となっていました(住民税、健康保険料なども実家払い)。
 姉の未払い給与の要求根拠は父と約束していた給与、支払と父が作成しおこなっていた姉の確定申告書の所得額に差がある。差分は未払い給与にあたり、父が亡くなり自分に 約束していた給与額を父から証言が得られない以上、確定申告書を正とすべきという理論。(姉の給与支払については母が父から聞いた額を支払っていた)
 実際に父から確定申告と給与の差の理由について聞いてはいませんが、父と姉の申告所得で調整があったのかもしれません。真意はわかりません。
 仮に未払い給与があったとした場合も2年の時効(要求を始めた現時点からか、父の死亡日時からかはわかりあませんが)があるでしょうし、そもそも個人経営の家業を一緒に経営しており、生活を一にするとみなされるものが父の死後、未払い給与の要求ができるのでしょうか? ご見解をお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

家族経営ですからね。未払い給与の請求は困難でしょう。あくまで、請求するとしても現時点から二年前の分だけでしょう。家族間で話し合いで解決すべき問題ですね。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問