JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

お伺いいたします。派遣社員として長年同じ派遣先で勤務しており、有給休暇も発生しています。有給休暇は派遣元に請求となる

解決済みの質問:

お伺いいたします。派遣社員として長年同じ派遣先で勤務しており、有給休暇も発生しています 。有給休暇は派遣元に請求となるという理由で、派遣先は全て欠勤扱いとし、欠勤日数を能力評価の材料にするとの事です。その評価は時給にも反映させるとの事です。また月ごとに欠勤なしで出勤したものにはインセンティブを支給するという決まりもありますが、これに関しても派遣元から有給休暇を取得しても、派遣先には欠勤扱いとされそのインセンティブは支給されません。つまり派遣社員には休めば能力評価に影響させ不利益になる仕組みを派遣先がつくりあげているように思います。きちんと調べる事はできていないのですが、労働基準法には有給休暇の不利益取り扱いの禁止という記載もあるようで、いくら派遣先に直接この法律があてはまらないにしても、労働基準法で与えられている労働者の権利を損なうような事を、まともな大企業がしても良い事なのでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
大企業ほど、出鱈目なことをやっていますね。貴方がご指摘なさっているとおり、労働基準法では、有給休暇取得について、不利益な取り扱いは禁止されています。完全な法律違反です。労働基準監督署に相談に行かれたり、派遣ユニオンのような労働組合で救済を求めても良いと思います。
質問者: 返答済み 6 年 前.
ご回答ありがとうございます。確認のみなのですが、「有給休暇取得について不利益な取り扱いが禁止されている」というのは、有給休暇を支給する派遣元のみならず、実際働いている職場の派遣先にも法律的に当てはまるということですね。念のための確認で、すみません。
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
そのように解釈して差し支えないと考えます。
質問者: 返答済み 6 年 前.
ありがとうございます。何度も恐れ入ります。派遣先の管理職の方の言い分は、「使用者」は派遣元である派遣会 社であって、派遣先は「使用者」ではないので、有給休暇を取得した派遣社員に対し不利益な取り扱いをしている当事者とはならない(そもそも派遣先が与えている有給休暇ではなく欠勤扱いである)、という主張のようなのですが、労働基準法では「使用者」の定義は派遣先企業も含まれるのでしょうか。貴方から頂いたご回答ですと、派遣先企業も「使用者」となるという事だと思うのですが、労働基準法の読みようによっては派遣会社の主張する「使用者」は派遣元のみであるという解釈もありうるのでしょうか。
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

貴方の使用者は、厳密には派遣元です。しかし、貴方の待遇が派遣先の意向ですべてが決まってしまう状況にあるわけですから、派遣先が実質的な使用者ということになります。また、貴方は法解釈よりも、そういう実態を非難しなくてはいけません。そもそも、派遣法自体がまだ比較的に新しい法律で、現実に追いついていないのですから。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問