JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

長期間の休職から復職しました。休職する際に休職中の考課は最低となる旨口頭で説明がありました。復職すると給与が激減して

解決済みの質問:

長期間の休職から復職しました。休職する際に休職中の考課は最低となる旨口頭で説明がありました。復職すると給与が激減していました。考課のことを確認すると給与規程、就業規則にも明記されて無く、考課規程もありません。詳しく確認すると総務部の内規に記載がありました。内規でも認められるのでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
労働条件の不利益変更に該当します。不利益な変更については労働者の貴方の同意が必要です。貴方は、同意していないのだから、元の給与に戻すように強く要求し、その差額も支払いを求めるべきですね。総務部の内規なんてまったく関係有りません。まず、会社にこれは不利益変更だから認められない、元に戻してくれとはっきり主張しましょう。聞き入れられないなら、会社の所在地を管轄する労働基準監督署へ相談に行ってください。
質問者: 返答済み 6 年 前.

口頭での説明は承諾にあたらないのでしょうか?

また、休職に入る際に内容は良く覚えていませんが書類にサインしたような記憶があります。このような場合でも同意していないといえるのでしょうか?書類の内容次第でしょか?

専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

口頭での説明は承諾にあたらないのでしょうか?

口頭で説明をしただけでは労働者が同意したと言うことにはなりませんね。なんの書類か覚えてないとのことですが、サインや印鑑を押すように求められたら、用心する癖をつけたいものです。どっちにしても、貴方は同意していないのですから、そのことを押し通すべきです。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問