JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 279
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

勤続25年になる会社員ですが、現在、上司から退職勧奨を受けています。 退職勧奨のきっかけは、私のミスが発端です。内

質問者の質問

勤続25年にな る会社員ですが、現在、上司から退職勧奨を受けています。
退職勧奨のきっかけは、私のミスが発端です。内容は、体調不良で遅刻をする同僚から、”前もってタイムカードの打刻をしてくれませんか。”と言う依頼を受けて実行したことが、発覚したことです。上司からは、このことが懲罰委員会にかけられた場合、”諭旨退職”になる可能性がある。その前に自分から、退職願いを出したらどうか。9月末の日付で退職願いを出せば、上司として、会社に対して12月15日まで待ってもらうように交渉はする。早めに結論を出してほしい。ということでした。ここで、お聞きしたいことは
”諭旨退職”の妥当性です。上司は、2点を理由としています。 ①他人のタイムカードを代理で打刻した行為。 ②会社からのヒヤリングに対し、直ぐに事実を報告しなかったことが、会社への半神行為にあたること。以上について、強く主張しております。
 私は、以前、携帯電話の店舗の店長をやっていた時に、お客様の不正行為に気付かずに加担したとの理由から、減給処分(月収の10%減を6ヶ月間)を受けたことがあります。このことも関係して、今回の諭旨退職処分の可能性に繋がったのでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
貴方は、結果としてどうなされたいのでしょうか。

雇用・労働 についての関連する質問