JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

65歳の嘱託社員です。65歳までは、1年契約で雇用を継続されていましたが、65歳を過ぎて雇用契約期間が半年となり、今

解決済みの質問:

65歳の嘱託社員です。65歳までは、1年契約 で雇用を継続されていましたが、65歳を過ぎて雇用契約期間が半年となり、今回2回目の継続時に雇用期間を3ヶ月とし、機関終了後に契約を打ち切るという趣旨の契約書を提示されました。私はプログラム技術者で、プログラムの作成の本来業務以外にも修理等の受注を得て、売り上げに貢献しています。発注先はほとんどが外国のため、交渉は価格設定以外すべて営業から請け負って英文でのやりとり、英語での電話応対等これまでの知識を駆使して業務を推進しているつもりです。私と同世代、又はそれ以上の同僚も制限された契約を言い渡されたものはなく、部門長によって差別されているように思えてなりません。会社の業績は昨年度から回復し、業績不振による解雇をする状況ではありません。現在契約書への証明を拒否して再考を御願いしているところですが、前回と同じ再契約(期間終了無し)を要求することはできるでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

要求することはできます。ただ、今回は、会社は貴方の要求を了承しないと思われます。65歳経過後、2回目の契約であり、ここで条件(制限)をつけておかないと、貴方に更新期待権が発生するからです。会社は、雇い止めの判例等をよく踏まえていて、法律的な判断をしていると考えられます。残念ながら、雇用契約とは言え、契約ですから双方の同意が必要で、貴方が一方的に拒否すれば、会社ももう契約をしないと思われます。また、労働局のあっせん等に持ち込んでも実質的に勝てる見込みもありません。

ただ、会社は、雇用契約は終了したいという方針なのですが、業務委託なら、まだ貴方を使うかもしれません。どんなカタチでも仕事をしたいなら、そういう「交渉」をしてみてもよいのではないですか。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
 概略は了解しましたが、今回の契約後、契約解除になってしまった場合の「業務委託」について、調べてみるとかなり制約があるようですが、最低限健康保険及び通勤手当は継続して貰いたいと思いますが、契約時に要求しても社会通念上通るものでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
 概略は了解しましたが、今回の契約後、契約解除になってしまった場合の「業務委託」について、調べてみるとかなり制約があるようですが、最低限健康保険及び通勤手当は継続して貰いたいと思いますが、契約時に要求しても社会通念上通るものでしょうか。
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

社会保険の適用は、「事業所で使用する者」という法律上の規定になっており、法律的には、業務委託であっても加入できます。しかし、会社としては社会保険料はかなりのコストであるから難しいと思われます。しかし、貴方の年齢を考えると、年金を受給しているはずなので、むしろ、社会保険ではないほうが有利なのではないですか。

通勤手当は、実費弁済的な費用ですから、業務委託時に、なんらかの配慮をしてもらうよう交渉してみましょう。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問