JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

鉄道総合技術研究所のビル管理などを担当している「ジェイアール総研サービス」(東京)で守衛として働いた男性(53)が、

質問者の質問

鉄道総合技術研究所のビル管理などを担当している「ジェイアール総研サービス」(東京)で守衛として働いた男性(53)が、
仮眠や休憩は労働時間に当たるとして計約250万円分の未払い賃金などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は2日、
請求を棄却した一審東京地裁立川支部判決を変更し、約170万円の支払いを命じた。
 市村陽典裁判長は「休憩の際は外出などの自由行動が制限され、仮眠時も緊急時の対応が義務付けられていた」と指摘し、
「労働からの解放が保障されておらず会社の指揮命令下にあり、労働基準法上の労働時間に当たる」とした。
 判決によると、男性は2003年に嘱託社員として同社に採用され、06年の退職まで東京都国立市にある鉄道総研の施設で守衛を務めていた。
 *このような記事が、新聞に掲載されましたが、平成15年3月より私もこれ以上の勤務をこなしています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

賃金の時効は普通は2年です。しかし、最近の裁判では、不法行為として3年請求する弁護士が増えたようですね。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

もう少し詳しく説明してください

 

交通費の問題、日勤の問題、仮眠中起こされた際の残業の問題。回答が抽象的すぎる。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.


もう少し詳しく説明してください。



交通費の問題、日勤の問題、仮眠中起こされた際の残業の問題。回答が抽象的すぎる
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全. もう少し詳しく説明してください。 交通費の問題、日勤の問題、仮眠中起こされた際の残業の問題。回答が抽象的すぎる
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

交通費の問題、

交通費は実費弁済的な費用ですから、一方的な減額は労働条件の不利益変更に該当します。不利益変更は労働者の同意を要しますから、一方的な変更は違反です。

日勤の問題、

24時間勤務あけに、連続して日勤がある場合のことですかね。一概に労基法違反にはなりませんが、時間外手当の対象になるでしょうね。

仮眠中起こされた際の残業の問題

貴方が、書いておられる判例を参考にしたらいかがですか。ただし、判例は個別の案件を拘束しますが、判例があるから貴方の主張が通ると言うことではありません。

雇用・労働 についての関連する質問