JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

ある会社と有期雇用契約を結び、仕事を始めましたが、退職することとなりました。その、有期雇用契約を結ぶときに、保証人と

質問者の質問

ある会社と有期雇用契約を結び、仕事を始めま したが、退職することとなりました。その、有期雇用契約を結ぶときに、保証人として主人をたてて、身元保証書の書類(有効期間が5年とあります。)と、印鑑証明書を提出するように言われ、提出しまいたが、今回、退職にあたり、印鑑証明書を返却してくれ、と依頼したが、退職後もなにかあったら、なのでこちらで保管します。というのです。本当に返却してもらえないのですか。保証人の書類があればいいのでは、と思うのですが、どうですか。印鑑証明なので、悪用されないか、もしも、その会社に泥棒が入ったら、、などと、考えてしまいます。何か、いいアドバイスをくださいl。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ena0725 返答済み 6 年 前.
ご質問の件ですが、結論としては難しいかもしれません。
といいますのは、労働法上、採用時に提出した書類や情報などの
個人への返却について記載している法律がないからです。

安心材料のひとつになるかどうかですが、
事業主というのは採用上、知り得た個人の情報を人事管理以外の目的に
使用しないと就業規則でうたっているところが多いので、
まずは職 場の就業規則を一度ご確認いただけばと思います。

またはこれまで退職された方にお知り合いがいらっしゃったら、
そのような悪用のケースがなかったかどうか確認してみるのもひとつの
方法ではないでしょうか。

もしくは退職日当日、どうしても心配なので
目の前でシュレッダーに掛けていただくように
個人的にお願いするのが最終手段となりうるでしょうか。

質問者: 返答済み 6 年 前.
どうしても返却してほしいのですが、何か方法はないでしょうか。例えば、身元保証書の紙に有効期限が5年となっているので、5年後に必ず返却するよう申し立てする、とか。何でもいいのでアイデアください。他の業種(行政書士、弁護士)のほうに答えがあるかもしれませんでしょうか。もう少し、アドバイスを頂きたいです。
質問者: 返答済み 6 年 前.
再投稿:Other.
もう少し、掘り下げて欲しい
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

まず、内容証明郵便で、印鑑証明書の返却を求めてください。口頭で断られても、こういう文書で求められると、「とくに問題や影響なければ、面倒くさいから返しちゃえ」って相手に思わせれば良いわけです。で、毎日、朝一番に返してくれと電話をします。ふつう、10日も続けたら、相手は、気持ち悪がって、返しますよ。(笑)

それでも、返さないというのなら、裁判所の民事調停でも申し込んでください。すぐ解決しますよ。

質問者: 返答済み 6 年 前.
ご回答、ありがとうございます。内容証明の方法はおわかりですか。教えてくださいませんか。また、印鑑証明は主人の物なので、主人の名前で出したほうがいいですか。裁判所の民事調停はどこで行えばいいですか。住んでいる地域ですか。それとも会社の住所がある場所ですか。お手数ですが、ご返信お待ちしています。よろしくお願いいたします。
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

素人の方は、文房具店で、内容証明郵便の原稿用紙を買ってきて書いた方がいいかもしれません。3枚必要なので、カーボンを2枚入れて書いてください。書き終わったら、封筒と書いた原稿をちょっと大きめの郵便局へ持っていってください。印鑑は忘れずに。

差出人は、もちろんご主人の名前ですよ。

民事調停は、会社の住所のあるところの簡易裁判所になります。

sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験: 労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問