JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

夫(外国籍)が勤務している会社(建築・製鉄関係)について合法か否か確認をさせて下さい。まず、最初に説明されていた条

解決済みの質問:

夫(外国籍)が勤務している会社(建築・製鉄関係)について確認をさせて下さい。 まず、最初に説明されていた条件は以下の通りです。(他の社員より口頭にて。書面による通知および雇用契約の明示はなし)・出勤は7時半までで勤務は朝8時から夕方5時まで・試用期間は3カ月でその間の時給は850円・休日は日曜日、土曜日は原則残業はなし・日曜日は場合によっては出勤する場合もあるが義務ではない・残業や休日出勤などに対しては賃金は割り増しとなる 次に時系列にて経緯を説明致します。・入職は7月19日、その後末日まで丸一日の休日は一切なく、 平日は常に二時間の残業・8月はラマダンだったため、交渉および社長の提案により 2日より深夜2時から正午までの勤務に同意の上、変更。 割増はなく、8月の前半は休憩時間も与えられず。 (8月中に頂けた休日は計三日間で早退を一日している)・8月28日より再び元の朝8時より夕方5時の勤務に変更されるが、 翌日29日朝8時より勤務していたところ朝10時半に 「する仕事がない」と帰宅を命じられ、再び同日の夜8時に 出勤するよう指示される (業務終了に関しては未定だが1時から3時の間と説明されるが  最終的に5時半に終了し帰宅) その後、社長より30日も再び夜8時に出勤をするよう指示される *こ の時点で7月19日~8月末日まで前述の3日間以外休日は与えられていない。 また、この会社は以前からも夫と同国籍の外国人を雇用していたが 上記のような勤務時間の変更および、従業員を日中と夜間に分けて働かせることは したことがなかった。 これらのことからラマダン中の変更は同意の上ですが、突然の夜8時からの勤務への変更および、休日が与えられないことに対し(そもそもこういった勤務時間の変更については説明はありませんでした)疑問が生じたため、社長に再度、雇用契約と労働条件の確認の問い合わせをしたところ、「会社の誰に対しても契約書は作っていないと」と言われ、雇用および労働条件の確認も行えませんでした。また、夫からも直接確認を行い、通常の日中の勤務へ戻してもらえるよう交渉を行った際は通常の勤務には戻せないし毎日夜に10時間、日曜日も来てもらわないと困る、手当てについても日中と同じ扱いだから出ないと言われたそうです。(この件について、私から社長になぜ、夫と同国籍の方だけラマダン終了後も夜間に働かないといけないのか伺ったところきちんとした回答は頂けませんでした。) 社長によるとその会社はサブロク協定の締結をしており、「年間変則制」として労働基準監督署にも届け出、認可も済んでいる、とのことなのですが・・・。 通常、雇用をする際に契約書の作成がされないということは考えられませんし、いくら諸々の手続きをしており、また繁忙期であったとしても深夜労働でかつ休日が最低限も与えられない、ということは果たして合法なのでしょうか? その他にこの社長は労働条件の相違から退職した同国籍の同僚の給与を当初説明されていた時給から最低賃金に引き下げるなど、契約がないことを理由に勝手に変更なども行っています。 ややこしくて申し訳ありませんがご回答を願います。


 


*追記です。


この会社には他にも中国、ブラジルなど外国籍の方はおられますが


彼らは通常通り日中働いており、


日本人の従業員は時によっては夜の9時や10時近くまで残業することは


あっても夜間は働いていません。


社長には「日本人もみんな同じように休みなく働いている」と言われましたが


日曜日の出勤を強制されていたのは夫と一部の外国の方たちだけですし、


他の日本人従業員は定時に帰っているにも関わらず彼らは7時まで許可なく


帰れない、といったこともしばしばありました。


 


また、同僚の一人は身内に不幸があり、忌引きをお願いした際は


「忌引きはないし、年間の休みは5日間だけなので、この前2日間


休みをあげたから残りは3日だ」と言われ、休暇を取ることが出来ませんでした。


(その方の奥様にも伺ったところ、社長には忌引きはない、専務には


忌引きにきちんとしている、と言われたとのことでここでも食い違いがあります。)


その方も一年近くもきちんとした雇用契約やきちんと休みがないまま


オーバーワークで働いており、時給も社長の都合により一度上がったものが


下げられる、日曜日に10時間以上に及ぶ勤務を強いられるなどしています。


 


言葉の壁もある為、間に入って社長と話しや確認をしようにも


きちんとした回答は頂けませんし、○○に頼まれたから雇って部屋も借りて


やったのに仕事をせず要求ばかりでこちらが被害者だ、


仕事を途中で放り出して帰った(その際は指示されていた仕事は全て


終わらせており、追加の指示をもらおうにも誰も他の方は出勤して


いなかったそうです。その時点で夫たちは前の晩から8時間働いていました。)


訴えるなら訴えたら良い、○○に任せているから彼に聞け、など


話し合いすら行えず、何もかもうやむやな為、


私たちもどこから手をつけて解決したら良いか分からず困っています。


 

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
出鱈目な会社ですね。出鱈目すぎていちいちここに書けないほどおかしいです。ここに書いたことを労働基準監督署で相談してください。ご主人のお勤めしている会社は、重大な違反行為をしているわけですから、その事実を労働基準監督官に申告して、申告監督をしてもらうようにしてください。
質問者: 返答済み 6 年 前.

ご回答ありがとうございます。

労働基準法の確認だけでは判別しきれない部分もあったので

こちらが間違いでないことが分かり、ひとまずは安心しました。

 

これは確認になるのですが、具体的に違法行為というのは

・法で定められた最低週1日もしくは4週を通じて4日以上の休日がないこと

・雇用契約と労働条件通知書の作成および、書面による明示がないこと

・賃金の勝手な値下げ

・勝手な勤務時間の変更および、事前に説明を受けていた通常の

 勤務帯への変更が受け付けられないこと

・休憩がなく、夜間帯への変更にも関わらず割増にならないこと

 

として労働基準監督署に相談をしたら良いでしょうか。

 

あと、もう数点(重ね重ね質問が多く申し訳ありません)

・同僚の方への減給による不払い分の請求は可能でしょうか

・入職する際に夫が住む部屋を会社で借りて初期費用も負担する代わりに

 長期で働いて欲しいという条件で、承諾はしてはいるのですが

 ここで中途で退職する場合、賃貸契約はどのように処理したら良いでしょうか。

 また書面による明示がなく、そもそも雇用契約自体きちんとなされていないとはいえ

 ここで打ち切った場合、何か問題は生じえないでしょうか?

 実は8月31日の社長との交渉決裂以降、夫自身も退職するつもりで昨日

 9月1日から出勤していないのですが・・・これは労働条件の相違として

 こちらからの打ち切りとしてこのまま退職することは可能なのでしょうか

 (法的には原則最低14日以上前からの会社への申告が必要とありますし・・・)

 

 

 

専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

これは確認になるのですが、具体的に違法行為というのは

・法で定められた最低週1日もしくは4週を通じて4日以上の休日がないこと

・雇用契約と労働条件通知書の作成および、書面による明示がないこと

・賃金の勝手な値下げ

・勝手な勤務時間の変更および、事前に説明を受けていた通常の

 勤務帯への変更が受け付けられないこと

・休憩がなく、夜間帯への変更にも関わらず割増にならないこと

として労働基準監督署に相談をしたら良いでしょうか。

 

その通りです。

・同僚の方への減給による不払い分の請求は可能でしょうか

 

他人の分は関係が無いと思います。

 

・入職する際に夫が住む部屋を会社で借りて初期費用も負担する代わりに

 長期で働いて欲しいという条件で、承諾はしてはいるのですが

 ここで中途で退職する場合、賃貸契約はどのように処理したら良いでしょうか。

 また書面による明示がなく、そもそも雇用契約自体きちんとなされていないとはいえ

 ここで打ち切った場合、何か問題は生じえないでしょうか?

 

賃貸借契約は会社がしているので、貴方のご主人とは関係がありません。そのまま辞めても大丈夫です。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問