JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

5

解決済みの質問:

①昔から日本の中小企業では労働者が作業服を自宅に持ち帰り洗濯して使用していますが労基法第5条違反にはなりませんでしょうか? 又、取れない汚れはクリーニングに出しています代金を会社に請求できますか?
②会社が衛生面から会社でクリーニングに出すようになりましたが代金の50%は従業員の給料から控除されることに労働組合が容認しておりますが労基法第5条違反にはなりませんでしょうか?宜しくご教授お願いいたします。 匿名にさせてください。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

労基法第5条違反に該当とはいえないと思いますが、業務のために着用を義務づけているわけですから、洗濯の労力やクリーニングの費用を労働者に負担させるのはおかしいと私も思います。クリーニング代金は会社が負担すべきです。

労働組合と合意しているというのは、賃金からの控除ということだと思いますが、クリーニング代金は、そもそも会社が全額負担すべきのですよね。改善するように労働組合にも申し入れるべきです。

質問者: 返答済み 6 年 前.

回答ありがとうございました。日本では歴史的にも問屋での丁稚奉公の時代から前掛け程度しか保護具がない時代から洗濯を労働者がしてきました。中小企業、例えば食堂などでは、現在も労働者が作業服の洗濯を続けています。なんらかの法令違反の判例はございませんか、何かインパクトのある情報が欲しいです。宜しくお願いいたします。

専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
貴方が先例を作ったらいかがですか。簡単です。クリーニング代金を少額訴訟で請求してみたらいかかでしょう。費用もほとんど必要ありませんし、少額訴訟といえど、司法がきちんと判断してくれるはずです。
sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問