JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

退職について

解決済みの質問:

退職について
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
法律では、退職の意思表示は二週間前にすればよく、二週間を経過すれば、退職したことになります。相手方の同意は必要ではありませんから、就業規則や職務規程に3ヵ月前とか書いても関係有りません。ボーナスの件、返金に応じる必要はありません。ボーナスの事前支給なんて聞いたことありませんが、後で返還を予定しているのなら、あらかじめ契約が必要でしょう。なんの文書もないのですから、もらったら返す必要は無いです。
質問者: 返答済み 6 年 前.

ありがとうございます。

可能であれば、法律のどの文面によりこう書いてあるからこうですと経営者に説明したいのですがお教えいただいてもいいでしょうか?

 

ボーナスの件は、辞めてしまうなら次の給与から引くつもりのようです。

それを防ぐには、一労働者として何ができますか?

専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

根拠は民法にあります。

第627条
  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

ボーナス(賞与)は、規定では、支給日に在職している・・・と書くことが多いので、もし、それが「前払い」のボーナスと言うことだと、諦めるしかないでしょう。

質問者: 返答済み 6 年 前.

すいません、最後の質問です。

 

確かにボーナスは支給日に在職している者に支給と記載があったと思います。

何か不服申し立てていうか、悪あがきできないでしょうか・・・?

専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.
ボーナスに関しては、諦めるほかないでしょう。ボーナスをもらってから辞める・・・という方が非常に多いです。そういえば、私も賞与月に退職したことを思い出しました。
sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問