JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

ご質問です。私はある会社の支店長をしておりますが、本日急に「降格」を言い渡されました。理由は「あなたの課員指導力

質問者の質問

ご質問です。 私はある会社の支店長をしておりますが、本日急に「降格」を言い渡されました。理由は「あなたの課員指導力不足でお客様からの苦情が解決できていない」旨のことでした。
具体的な苦情内容の報告やそれの事実確認、対応方法の指導、会議など一切なく、突然の決定言い渡しで驚きました。しかも給与は現在より5ランクも落ちるものを言い渡さ れ適応が9月1日よりというものです。 売上等実績を残しておりますが、苦情があることは承知しておりその解決策も支店内で話し合いながらどうしていこうかと相談しながらもわたしなりに試行錯誤をしていた中で、 いったい何が評価の基準なのか?と疑問で降格の理由がわかりません。 面談者は取締役と事業部長の2名で、人事部てきな部署の人からの説明もありませんでした。 大証一部上場会社でありながらこのようなことは許されるのでしょうか? ご指導をお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

労働条件の不利益変更に当たります。大企業なのに、とか、零細企業だからということでなく、人事労務管理なんてのは、いろいろ規則やルールを作っても、最終的には、人間関係の好き嫌いでやっているのが、本質です。

さて、貴方のとる道は2つ。ひとつは、そのまま、この処分を受け入れること。そして、もうひとつは、この降格処分について、異議を唱え、抗うことです。

闘うなら闘う、争うなら争うで、腹をくくってやらないといけません。なんにしても、中途半端では今後も舐められるだけですから。

まず、今回の降格・降給処分について、不服を申し立てましょう。納得がいかない、認められないと人事に伝えてください。撤回しない場合は、労働局のあっせんや労働審判を利用することを検討してください。

雇用・労働 についての関連する質問