JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

今年4月5日に正式採用になり、就労中、4月30日に難病指定のクローン病を発症し、約2週間程入院しました。その後自宅待

解決済みの質問:

今年4月5日に正式採用になり、就労中、4月30日に難病指定のクローン病を発症し、約2週間程入院しま した。その後自宅待機を言われて8月15日まで経過しています。主治医より、7月15日より就労可能との診断書が出て会社に提出しましたが、会社側から退職して欲しいとの話が2回あり、今後の事もあり、退職もやむなしとの方針を決めました。そのため、条件を1、会社都合による退社にする。2、退社時に給料3ヶ月分の一時金の支給。3、退職時まで疾病手当金の支給の3条件を提出しましたが、会社側は、2、の条件で病気見舞金10万円のみの支給ですまそうとしています。2、の条件の金額が妥当かどうか回答をお願いします。会社試用期間は、2ヶ月となっていますが、クローン病を発症した事で退職事由になるのでしょうか。以上2点の件でお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

病気を理由に解雇はできません。ましてや、主治医が就労可能としているわけですから、解雇は不可能です。従って、貴方は強い立場で交渉すべきです。2の条件は、妥当かどうかの基準なんてありません。双方が納得すればいいだけの話です。しかし、ご相談の内容だと、会社には支払う気はなさそうなので、労働局のあっせんを利用することをお勧めします。

試用期間二ヶ月とのことですが、入社後二週間を経過したら、即時解雇はできなくなります。会社が一方的に決めている試用期間なんてのは、法的にはほとんど効力ありません。

sin4864をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問