JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

2011 4 15

質問者の質問

はじめまして。私は2011年4月15日まで「住友不動産」で勤務をしておりました。
給料(成果給)支払い形態は、工事が終了し、お客様から完工の サインを頂いてから支払いという形でした。
そして、私が退職を決めた時にA現場が終了し、その成果給を請求したのですが、クレーム、やり直し工事等があ
る可能性が残っているので、支払いは8月20日だとの事でした。(もし、それがあれば成果給から差っぴかれる)
その部分は理解できたので今日まで待っていたのですが、支払いがありませんでした。
それを何故かと聞くと「B現場(私が辞めた後に完工していなかった現場)の荒利が低すぎるので、A・B現場の成果給
は払えないとの回答でした。(A現場での成果給を、赤字のB現場へ補填したとの事)
退職の際に、「A現場の成果給は~万円」、「8月20日支払い」と書類のやり取りも行っています。また、B現場は
上長、事業所長の検印付(予算組みも含めて)で工事を始めました。
100歩譲って、B現場の成果給カットまでは納得も出来ますが、成果を上げたA現場の成果給をカットされるのは納得
いきません。

・・・どうしたらイイでしょうか?知恵を拝借できれば幸いです。宜しくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

ご質問の内容は、単純に考えて、在職時の未払い賃金の問題と思われます。給料(成果給)支払い形態については、「退職の際に、「A現場の成果給は~万円」、「8月20日支払い」と書類のやり取りも行っています。」ということですから、会社側の一方的な都合で成果給をカットできないと考えるのが妥当です。

さて、この回収については、まず貴殿がきちんと約束通りの成果給を会社に要求することです。受け入れてもらえないのなら、会社を管轄する労働基準監督署に未払い賃金として、申告し、行政指導してもらうことです。たいていは、これで解決すると思いますが、場合によっては、労働局のあっせん、労働審判、少額訴訟などの手段も状況によっては、検討するといいでしょう。

雇用・労働 についての関連する質問