JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

突然失礼いたします。 今回解雇の件で困っています。私の会社では陰口を言った人は退職していただくというルールがありま

質問者の質問

突然失礼いたします。
今回解雇の件で困っています。私の会社では陰口を言った人は退職していただくというルールがあります。私は陰口を言われていたほうです。
私の陰口を言っていたスタッフの隣に私が親しくしているスタッフがいました。彼女は何か揉め事が起きないようにと、翌日その事実をしらせてくれました。 私はアルバイトの立場にあるので、社員の仲のいい男性に相談をしました。彼は彼の上司に話してみてくれたそうです。その日の就業後、役職者2人に呼ばれ1時間程度、私は怒られました。面倒臭いと連呼され、私に原因があると攻められ、また、仲のいい社員の方と恋愛関係にあると決め付けられ、問題が起きる際に名前が挙がる私が悪い。そのこうなことが起きないように、働いている全ての人が納得する改善策を今すぐに出せといわれました。
何についての改善案なのか、私が何をしたのかわからないまま悩んでいると、改善案が出せないなら、明日から出勤しても働か せないからと言われてしまいました。それが7月2日です。その日以降改善案が出せるわけもなく出勤していません。そこで、労働基準監督署に生活費もないため相談しに行ったところ、休業手当をもらえるから、そのように書面にて連絡をしなさいとのことでした。
言われたとおり、書面にて連絡したところ、会社は弁護士を立て、弁護士から手紙が届きました。その中には現実と反することが書いてあり、休業手当も払わないとのことでした。ただし、21日から復職する場合今までの自宅待機分の休業手当を払い、復職しない場合、懲戒解雇とみなすと記載してありました。
今回のこの件により、病院側よりうつ病という診断を受けてしまい、とても復職など不可能な状態です。このまま懲戒解雇になり、夢などを諦めなければならないのでしょうか。
私はどうしても懲戒解雇なんて納得できません。弁護士の方に頼んで戦った方がいいのでしょうか。だって私は何も悪いことをしていないのだから。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

会社は、貴女をトラブルメーカーと考えているようですね。「私の会社では陰口を言った人は退職していただくというルール」というのは、就業規則に書いてありますか。確認をする必要がありそうです。

会社と貴女との信頼関係は、すでに破綻していて復職しても良好な労使関係にはならないと思われます。

「21日から復職する場合今までの自宅待機分の休業手当を払い」ということなので、会社都合による休業を認めています。貴女は、まず21日は、出社して、7/2~8/20までの休業手当をしっかり受け取ってください。その上で、病気のため暫く休むことを、しっかり伝えてください。これで、懲戒解雇の理由は潰せるでしょう。

おそらく、別の理由で解雇にするでしょうから、そのときは、労働局のあっせんに行くことをお勧めします。基本的に、金銭解決ですが、貴女に費用はかかりません。ただ、あっせんは、会社側は拒否もできるので、最終的には、労働審判という手段もあります。弁護士をたてなくても、十分戦えます。

雇用・労働 についての関連する質問