JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 343
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

8

質問者の質問

日給月給の場合、日曜祝うかない日や8時間越え、40時間越の時の割増はつかないんでし
ょうか?ハローワークでの求人募集内容と違った場合会社の方針で片づけられることなんでしょうか(例えば休日は日曜その他となっているのに休日が平日になった)
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

労基法では、1日8時間、週40時間という労働時間の上限があるので、これを越えた労働時間については、法定以上の割増賃金を支払う義務が生じます。日給月給だから、残業代がないという理屈にはなりません。

ハローワークでの募集内容と実際の労働条件が違うということは、あり得ます。労働条件を変更して雇用契約を締結することは問題がないからです。雇用契約書を交換しましたか。休日については、契約書に記載しなくてはならない項目ですから、もし契約内容と相違があるようでしたら、会社に抗議すべきです。契約書(労働条件を記載した書面)がない場合は会社に交付するように要求してください。後でトラブルを避けるためで、あなたにも、また会社にとっても必要なことです。

雇用・労働 についての関連する質問