JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

13歳のシーズーの男の子です。散歩の途中で、何かにつまずいたのか?左の後ろ足が膝を曲げた状態で歩けなくなったと言って連れ

解決済みの質問:

13歳のシーズーの男の子です。散歩の途中で、何かにつまずいたのか?左の後ろ足が膝を曲げた状態で歩けなくなったと言って連れて帰って来ました。家でも歩かせて見たのですが、片足で、ふらふらとあまり、右足にも力が上手く入らないのか歩きにくそうにあるくので、いつもお世話になっている病院へ休診日ですが、連れていったのですが、やはりお留守で、こまってしまって、ご相談させてください。40分位かかって、病院へ行ってお留守で、仕方なく駐車場で歩かせてみると、少しびっこをひきながらも歩いて、おしっこをしてくれました。少し安心して連れて帰って来ましたがやはりびっこを引いて、左足を少し持ち上げてあるきます。足の裏を触っても、痛がりません。足を握って見たのですが、余り力は入れずにそっと握っても痛がることはないです。今は、横になって、股を広げてねているのですが、左の足が時々ビクンビクンと動きます。少し寝てもまたゴソゴソと場所を変えておちつきません。視力が悪くなったいるので、3週間位前に散歩中に、道路の縁石が飛び越えられず、顎をぶつけて、食事も水も飲めなくなって、受診して、レントゲン検査と血液検査、エコー検査を受けましたが、はっきりとは分かりにくいが、明らかな骨折している様子は無いから様子を見ましょうと言われました。ただ、あごをぶつけているので、頭をぶつけた状態と同じだし、頸椎もいためていたら大変だから気を付けてといわれていましたが、日に日に元気になって、元道理にお散歩大好きで朝夕30分位歩いていました。今回の事が、後遺症なのか心配です。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 1 月 前.

初めまして、質問ありがとうございます。

原因としては

①首や腰の椎間板ヘルニアや脊髄腫瘍、脊髄梗塞

②脳腫瘍や脳炎

など神経に関係する病気である可能性が高いでしょう

すぐにMRI検査やCT検査を受けましょう

wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問