JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳半のボーダーコリー♀、水をよく飲むことと排尿回数、量が多いので先日、かかりつけに受信しました。血液検査全般と避妊を

解決済みの質問:

13歳半のボーダーコリー♀、水をよく飲むことと排尿回数、量が多いので先日、かかりつけに受信しました。血液検査全般と避妊をしていないので子宮内膜症の疑いでレントゲンをすすめられましたが、血液検査と甲状腺の数値が気になるとのことで外注の検査を受け、先ほど結果の電話をもらいました。
甲状腺低下症との診断で  3T4 0.9 と言われ、意味は分かりませんが、生涯の治療になりますので詳細は受診時にと言われました。
ネットで調べると甲状腺低下症の症状が一つもありませんし、あるとすれば10年以上前からTCho総コレステロールが400~450と脂質代謝異常、高脂血症と言われ療養食を食べています。何も変わっていません。
もしかして、甲状腺低下症は、今始まったことではなく、10年以上前からということは考えられますでしょうか?
T4は、1.10です。
だとしたら、今さら治療の必要はありますでしょうか?
受診理由の多水多尿の返事は、なにひとつありませんでした。
現在、愛犬は、元気で2キロ~6キロの散歩もできます。毛艶もいいです。
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

こんばんは。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

まず、検査機関により多少正常値は違いますが、それくらいの数値では甲状腺機能低下症かどうかは微妙です。

1.ほかの血液検査の結果を写真で添付してもらうか、書いてもらえますか?

2.生理は最近来ていますか?

3.子宮の異常はレントゲンではほとんどわからず、普通はエコーをしますが、エコー検査はしてもらっていますか?

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
29983;理は、もともと年に1度程度でここ1.2年は、はっきり確認できていないと思います。
エコーは、撮ったことがありません。
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

返信及び写真ありがとうございます。

この数値だと甲状腺ではなく、圧倒的に副腎皮質機能亢進症を疑います。

副腎皮質機能亢進症は多飲多尿の代表的な病気で、その結果で異常のあるALPとコレステロールが増加します。

甲状腺と同じくホルモンの病気ですが、ACTH刺激試験などの特殊な検査が必要です。

かなり多い病気ですので、普通はこちらの病気を疑います。

ホルモン濃度を測らないと確定はできませんので、私はセカンドオピニオンを受けられることを強くお勧めいたします。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
20253;え忘れました。副腎皮質機能は、外注結果ゼロで問題なったようです。すみません。
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

ゼロというのはおかしな数値ですが、ゼロだったのでしょうか?

また、それはACTH刺激試験と言って、ホルモン注射を打ってしばらくしてから採血する方法でしょうか?

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
27880;射を打って、1時間後に採血の検査でした。
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

そうですか。

そうなるとおそらくしっかりした検査ですね。

ただし、ゼロは体としてはあり得ません。もしゼロであれば副腎皮質機能低下症です。

問題ない数値だったということですかね?

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12381;うです。問題ないという事でした。言葉が足りなくて、申し訳ございません。
やはり、再度受診して、治療していくべきでしょうか?
このような検査は、はじめてだったので、元気な愛犬に対して、治療していく治療費に関してもとても不安です。
年齢も高いので無理なく元気に過ごしてもらえれば、いいのですが。
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

微妙なところですね。

私はその数値で症状もないのであれば治療をすることはないと思います。

ただし、甲状腺ホルモン自体はそれほどきついものではないので、治療をすること自体の負担はあまりないと思います。

それから、あと多飲多尿を起こす病気として高カルシウム血症があります。

カルシウムを測っていないようですので、少し心配です。

高カルシウム血症は体のどこかにあるがんなど怖い病気に併発して出てくることがあります。

カルシウムはしっかり計っておいてもらったほうがいいと思います。

私であればカルシウムに異常がなければ様子を見つつ、1か月後くらいにもう一度ホルモン検査をします。

副腎皮質機能亢進症は、1度の検査ではわからないこともあり、血液検査と症状からは一番疑わしい病気です。

間隔をあけてもう一度調べたほうがいいと思います。

甲状腺はそれほど急ぐものではありませんし、数値的にはそれほど問題ありません。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。少し、安心しました。急いで病院に行くこともできませんので、行ける時が来たら、かかりつけの獣医の説明を聞きながら私の考えも伝えようと思います。
専門家:  japavet 返答済み 9 ヶ月 前.

はい、そうしてください。

ただし、カルシウムが高い場合は知らない間に病気が進行してしまうこともあるので私はカルシウムのチェックだけは早めにしてもらったほうがいいと思います。

お大事にどうぞ。

犬 についての関連する質問