JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

現在13歳の去勢した雄の柴犬で、アレルギーで2歳から毎年ブレドニンを年40錠、夏から晩秋までに使って痒みを抑えてきました

解決済みの質問:

現在13歳の去勢した雄の柴犬で、アレルギーで2歳から毎年ブレドニンを年40錠、夏から晩秋までに使って痒みを抑えてきました。
3年前からケトコナゾールも10日程飲んでいます。
年齢相応の老化(散歩が短くなった等)はみられましたが、今年の6月までは投げたボールを持って来る等して遊び、元気に過ごしていました。
ところが、7月以降現在までに、驚くほど急に色々な症状が出てきました。
目が見えなくなる、耳も急に聞こえにくくなる、遊ばない、散歩も用を足すのがやっと、わき腹の毛が薄くなる、尻尾の毛が一部5㎝くらい抜け落ちる、狭い所に挟まる、外で方向を見失う等…
いつも診て頂いている動物病院では、このくらいのステロイドの量では医原性クッシングにはならないと思う という診断です。
ですが、色々調べていると、素人目にただの老化とは思えません。
医原性クッシング、アジソン病、甲状腺機能低下症等の可能性はないでしょうか?
また、もし何かの病気の場合、この年齢でも治療することは意味があるでしょうか?
色々教えて頂きたくご質問させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します
乱筆、乱文をお許しください。
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

こんにちは。

ご質問ありがとうございます。

体重とプレドニゾロンのmg数を教えていただけますか?

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
20307;重は13㎏で、プレドニゾロン1錠5㎎です。
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
39135;欲はとてもありますが、1日に1度、家の中をうろつく(あちこちぶつかったり、狭いところに挟まったりしながら)以外はほとんど寝てばかりいます。
また、お手などはしますが、飼い主の印象としては犬が変わったように感じます。
いつもは動物病院へ行くと、怖くて震えっぱなしでしたが、無表情で大人しくしていました。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。

そうなると医原性クッシングの可能性は低くなると思います。

年間でも200mgであり体重当たりでいうと年間15mg程度です。

通常医原性クッシングは2週間でそれくらいの量を飲むとなることがありますが、年間その量であればまず起こりません。

ただし、甲状腺機能低下症や医原性ではないクッシング症候群になっている可能性は十分あります。

特に柴犬の子は甲状腺機能低下症が多く、その時の症状は無気力や周囲への無関心、脱毛(しっぽの脱毛が特徴的)などかなり甲状腺機能低下症は疑わしいです。クッシングでも納得できる症状ではあります。

甲状腺機能低下症もクッシング症候群も基本的には血液検査で簡単に診断がつきますし、甲状腺機能低下症は特に内服薬で劇的に元気になります。

しっかり検査してもらった方がいいでしょう。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
26089;速な回答ありがとうございます。
動物病院で血液検査をしようと思います。
追加の質問で申し訳ありませんが、甲状腺機能低下症の治療をしていく場合、もともとアレルギー症状がある子ですが、何か心配するような症状が起こることはないでしょうか?
高齢なので、体に負担がないか、治療したほうが良いのかどうかも含めて悩んでおります。
よろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

甲状腺機能低下症の治療でアレルギーが悪化することはまずありえません。

まれに甲状腺ホルモンの薬自体にアレルギーが出る子がいますが、まれな症状です。

それからアレルギーというのは本当のアレルギー体質なのか、何かの疾患に伴ってアレルギー症状が出ているのかわからないケースがほとんどです。甲状腺機能低下症にしても、クッシング症候群にしても、皮膚のバリア機能が低下しますので、アレルギー症状を起こすことがあります。

ですので、甲状腺のホルモンを飲むことで、アレルギー症状が悪化するより改善する可能性の方が圧倒的に高いです。

1つだけ注意点としては心不全がある場合です。

甲状腺ホルモンを投薬すると代謝が良くなり、元気になりますが、その文心臓に負担がかかります。

高齢になってくるとし不全を起こしている子が多く、心不全の子では甲状腺ホルモンによって心不全を悪化させてしまう可能性があります。

その場合は低用量からスタートしつつ、心臓の負担と症状を見ながら必要があれば少しずつ増やしていくという形をとることが多いです。

専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

追加の質問があればまた返信をお願いします。

もし、質問を終了する場合には、以下の手順に従って、必ず終了手続きを完了してください。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-do-i-rate-answer

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
22238;答ありがとうございます。
再度病院で心臓の状態を相談しながら治療を受けたいと思います。
今回回答を頂いたことで、治療する決心がついたように思います。
誠にありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

はい、そうしてください。

少しでも元気になってくれるといいですね。

評価の手続きもありがとうございます。

お大事にしてください。

犬 についての関連する質問