JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

現在7歳のウィリッシュコーギーペンブロークの雄です。

解決済みの質問:

現在7歳のウィリッシュコーギーペンブロークの雄です。
2歳の頃左後脚びっこを引いたのでレントゲンを撮ったところ、股関節のはまりが少し平らで出っ張りもすくないとの事。
2016年7月9日ドックランで走っていて急に左後脚びっこを引き出す。レントゲンの結果、骨・関節には異常が無く「捻挫」との事で痛み止めと膝軟骨形成を助ける注射を4回行ない様子をみていた。段々良くなってきている様に思えたが、8月28日にまた3本脚で歩きだした。(階段を上ってしまった為か?)
8月30日にセカンドオピニオン受診。9月17日に整形専門の先生に診ていただいたところ、「前十字靭帯部分断裂」の疑いとの診断。薬等で改善は望めずほっておけば「完全断裂」となるので骨を切り靭帯に依存しなくても歩ける骨格に修正する手術を勧められた。
犬種がコーギーの為、一緒にDMの検査も検討しては?と勧められた。
左後脚の手術は「する」方向で考えているが、いずれは右後脚にも症状が出る可能性が高いと言われ、2度の全身麻酔と2週間位の入院を考えると、1度に両後脚の手術をしてしまった方が良いのか?今回は左後脚の手術のみにして、症状がでた時点で右後脚手術を検討した方が良いのか?
また、DMの検査は症状が出た時点で検査するよりも、今回してしまった方が良いメリットはあるのか?
セカンドオピニオン受信の事を今まで診ていただいていた先生にはまだお話ししていない。近所なので内科的な事は今後もお願いしたいと思っているが、どの様にお話ししたら良いのでしょうか?
長文、複数の質問て、申し訳ありません。宜しくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

十字靭帯断裂は内分泌の病気がある場合に両足出て来ることが多いのですが、そういったものはあるのでしょうか?

なぜ逆の足にも出てくる可能性が高いと言われたかわかりますか?

それからDMはもしその遺伝子があるとわかっても特に予防法があるわけではありません。

今の症状がDMの可能性があるのであれば別ですが、そういった可能性があると言われたのでしょうか?

もう少し情報をお願いします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速の返信ありがとうございます。
関節液の検査はまだしていませんが、レントゲンの状況(脛骨先端部分の傾斜角度が犬の平均をうわまわっている)
や触診、年齢等からの判断ではないかと思います。
DMの可能性に関しては、今現在何かある訳ではなく、コーギーなので80%位は可能性があるとのお話しでした。
症状が出た時にあらためて検査するのは、年齢も進んでいるので、体力的にきつくなるのかな?と感じました。
「心の準備の為ですか?」と伺ったら「それもあります。」との返答でした。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

そうですか。

1.完全に状況を把握しているわけではありませんが、私は、両足を同時にすることはお勧めしません。

理由は

1.骨の状況がどれくらいかわかりませんが、手術をしなくても逆脚の靭帯損傷が起こらない可能性も十分あると考えられる(私は獣医師歴10年程度あり、獣医師が5人以上いる大きめの病院でずっと診察をしてきましたが、両足の靭帯損傷を起こしたコーギーさんは見たことがありません。甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などのホルモン疾患があれば両足に出てくる可能性があります)。

2.両足同時にすると、術後足に力が入らない

これは実際に私は行ったことがないため、それでも大丈夫なのかもしれませんが、しばらくなかなり不自由な生活になる可能性があります。

このあたりを考えて、正常な足の手術をする必要性がどこまであるのかわかりません。ただし、あまりに骨の状態がおかしい場合は必要性が高くなるのかもしれません。

そのあたりをもう一度しっかり相談してみてください。

2.DMに関しては完全に確定診断できる方法というのは現在ありません。たとえ検査でDMが疑われたとしても症状がなければDMとは言えませんし、DMの遺伝子が見つかったとしても、DMを発症するとは限らなく、予防法もありません。ですので、今の症状がDMの可能性があるのであれば別ですが、いまDMの検査をするメリットは私には全く感じられません。

3.今後のお話に関しては正直にお話しするしかないでしょう。そのかかりつけの病院に休診日があるのであれば「休診日に調子が悪くなったので違う病院に連れて行ったら手術が必要と言われた」とか、「知り合いの人が紹介してくれたので行った」などと言ってもらい、でもこちらの病院の方が成れているし、信頼はしているので、内科的な治療をお願いしたいと伝えてください手術を勧められた病院にも同様に、かかりつけの方が生きやすいので、抜歯が終わったらそちらに行きたい、と正直にお話してください。基本的にはそれでどちらも受け入れてくれることがほとんどです。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
32032;早いご丁寧な返信ありがとうございます。
両脚手術やDM検査の件、家族での話し合いに大変参考になります。
セカンドオピニオンに関してのアドバイスもありがとうございます。
正直にお話しに行こうと思います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

はい、お大事にしてください。

うまくいくことをお祈りしています。

犬 についての関連する質問