JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックスフンド 5.5キロ 12歳の雌です。 6月から多飲多尿になり、飲水量は、1日750mlでした。

解決済みの質問:

ミニチュアダックスフンド 5.5キロ 12歳の雌です。
6月から多飲多尿になり、飲水量は、1日750mlでした。
6月末に、病院で検査をしました。コルチゾールの過剰反応があり、副腎の肥大が原因のクッシング症候群と診断されました。
その後、トリロスタンを朝晩服用しています。1ヶ月続けて、飲水量が変わらず、薬を増量しました。薬を飲みだして、2ヶ月近くなりますが、飲水量は400mlとまだ多いように思います。
多飲多尿以外、他に症状もなく、クッシング症候群なのかと、疑問に思っております。
多飲多尿になる以前は、尿が濃い黄色で、キラキラ光っていました。
このまま、薬を飲み続けるしかないのでしょうか?
家には、この子の母親で、4月末に腎臓病が分かり手当てしている14歳の子がいます。
それがストレスになっている事も考えられますでしょうか。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

今現在のトリロスタンの容量とコルチゾールの値を教えていただけますか?

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
36820;信ありがとうございます。
よろしくお願い致します。
トリロスタンは、キッチン計りで、測りました。0.3gです。
コルチゾールは、今年の6月28日の検査で、pit3.2 post30以上 です。次のの検査は、6ヶ月後とのことです。
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。

ホルモンの数値はかなり高いですね。

薬の容量は薬の重量とは異なります(薬の主成分以外に基剤というものが入っています)

何mgなどと書いていないですか?

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
30149;院に、電話で確認しました。
体重 1キロに 2.2mgを与えています。
この子の体重が5.8キロなので、計算して下さいとの事でした。
計算すると、12.76mgになると思います。
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12377;いません。
今、病院から電話があり、最初のお薬の量を伝えてましたと連絡が入りました。
現在は、1キロ に対して4.5mg
計算すると、5.8キロの体重なので26.1mgになります。
よろしくお願い致します。
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

何度も申し訳ありません。

今はカプセルでなく、粉薬なのでしょうか?

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
35443;しく伝えられてなくて、すいません、
はい、7月の最初から粉薬です。
途中で、一度増量してます。
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。

最初の用量はかなり低用量ですね。

今の用量は比較的高めになってきていますが、正直post30以上というのは全くコントロールできていません。

副腎ホルモンがそれだけ出ているのであれば副腎皮質機能亢進症で間違いないですが、薬がうまく効いていません。

考えられる原因は

1.単に薬の効きが悪い

通常、薬を飲ませて、2~4週ごとにホルモン検査(Postだけでいいです)をして用量があっているかどうかを確認しながら使っていきます。落ち着いていれば6カ月後でいいですが、その状態で6か月後は遅すぎると思います。効果のない用量で飲ませ続けても意味ないですし、増量して効果が出すぎた状態で飲ませ続けるのは危険です。

2.副腎腫瘍

副腎皮質機能亢進症は、下垂体性と副腎腫瘍に分かれ副腎腫瘍は内科的な治療ではウなくコントロールできません。手術での切除が必要になることが多いです。

エコー検査やCT検査で診ていく必要があると思います。

治療が少し大雑把な感が否めません。

http://www.takeuchi-vet.com/clinicnote/pdf/clinicnote02_04.pdf

こちらが標準的な手順が載ったページになるので参考にしてみてください。

私はセカンドオピニオンを受けられることをお勧めします。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
35443;しい説明、ありがとうございます。
やはり、薬が効いていないのですね。
副作用の事も読むと、不安になりました。エコー検査はしておりますが、CT検査は受けておりません。
副腎が肥大してるとの説明を受けました。もし、検査して腫瘍が出来ていて、下垂体の腫瘍は、諦めるしかなく
副腎の腫瘍は、手術で取るべきでしょうか?後、関西圏で、セカンドオピニオンを、考えるとして、大阪市、京都、奈良なら行けるのですが、お勧めの病院を教えて頂けますでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

申し訳ありませんがこちらで特定の病院を紹介することはできません。

基本的に副腎皮質機能亢進症はホームドクターで見てもらう病気です。

車で1時間以上かけて行ってみてもらうような病気ではありません。

近くで評判の良い病院を探して行ってみてください。

最近ではCTが入った病院も多いので、「県名あるいは地域名 動物病院 CT」で調べるとでてきます。

CTは絶対に必要というわけではないですが、超音波で怪しければCTが必要です。

副腎腫瘍があれば、薬でコントロールが難しく、コントロールできても転移などは防げません。手術が必要になりますので、しっかり鑑別は必要でしょう。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
30149;院、セカンドオピニオンも考えつつ、良い病院を調べてみます。
腫瘍があれば、薬でコントロールが、難しい場合もあるのですね。
抑えられると思っていましたので、やはり詳しく調べる必要がありますね。何度もご親切に、お答えをありがとうございました。
この子が、少しでも元気で長生き出来るように、努力したいと思います。
専門家:  japavet 返答済み 11 ヶ月 前.

はい、お大事にしてください。

治療がうまくいくといいですね。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問