JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

慢性胆のう炎から胆嚢閉塞をおこして胆嚢摘出をしました。10歳のトイプードルです。

解決済みの質問:

慢性胆のう炎から胆嚢閉塞をおこして胆嚢摘出をしました。10歳のトイプードルです。
胆管の炎症から胆管肝炎になり、まだ肝臓の値は高く、最新のデータでは GOT52、GPT287、ALP3500以上、GGT51です。
食事は食べないとダメだと言うので、手作りでささみと野菜をと担当の獣医さんから言われており、食べられたら低脂肪の缶詰を勧められました。
今は缶詰を少し食べられるようになったので、低脂肪の缶詰に手作り食を混ぜてあげていますが、一生低脂肪食が良いのでしょうか?
食事で良いアドバイスがあれば教えてください
ちなみに、この同じメーカーの同じ種類(ロイヤルカナンの療法食、消化器サポート低脂肪を使用してます)のドライフードになるとたんぱくも脂肪分も高くなってしまうのですが、ドライフードより缶詰にしたほうが良いのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんばんは。

再度のご質問ご質問ありがとうございます。

基本的には低脂肪食の方が「無難」です。

低脂肪でなくてもいいかもしれませんが、低脂肪の方が肝臓への負担も少なく、特にデメリットがないため、低脂肪食を続けて行った方が安心ではあります。

それから、今確んしたらドライフードは若干脂肪分が高いですが、タンパクはウェットフードの方が高いですね。

これくらいであればどちらの方がいいというのはそれほどはありません。

ささみを混ぜるのであればタンパクが増えるので、その分低たんぱくなドライフードの方がいいかもしれません。

それから明け方に良く吐くということですが、寝る前に何か与えても吐くようであれば胃酸を抑えるようなお薬を夜だけ飲ませたほうがいいでしょう。

特に長期に使って問題のある薬ではありませんし、しばらく使えば吐き癖も収まる可能性があります。

おう吐があまり続くと胆のうの出口に炎症を起こしたり、胆汁が逆流することもあるので、あまり吐き気が続くのは良くないでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。すぐにお医者に連れて行く事にします
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

はい、そうしてください。

胃酸を抑える薬であれば常備薬として出してくれることもありますので、相談してみてください。

お大事にどうぞ。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問