JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳の雑種(雌)です。1年ほど前に後ろ足がグーの状態(ナックリング)になりうまく歩けなくなり、ふんばる事も出来ない状態

解決済みの質問:

15歳の雑種(雌)です。1年ほど前に後ろ足がグーの状態(ナックリング)になりうまく歩けなくなり、ふんばる事も出来ない状態になりました。
室内で飼っているため自由に歩き回っていましたが、ふらついて転倒などするためサークルの中に入れオムツでの生活になりました。
それでも歩きたがるので、上半身に介護用のベストを着せて持って歩く補助をしていました。
ですが最近、前足がハの字になって立てなくなってしまいました。それに相反して後ろ足がしっかり立つようになって来て、お尻を突き上げるようか恰好をするですが前足が完全に左右に広がって立てません。
自分では歩きたい一心で前に進もうとしますが、そのたびに顎打ち付けている状態で可哀想で仕方ありません。
前足がもとの様に戻ることはありますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

加齢性の物の可能性が高いので、そうなると難しいですが、今の症状で病院へかかられたことはありますか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
2か月ほど前に病院に行ったときは、今ほどひどくなくまだ立てていましたが立っている時でも前足はハの字になりかけていたので、獣医さんに聞いたら年齢的なもので仕方ないですねと言われました。
今は2.5メ-トル四方のサ-クルに入れて、私もその中で一緒に寝ていますが夜中でも歩こうとして1時間ぐらい後ろ足で立ち上がっては倒れを繰り返しています。夜おとなしく寝てくれる方法はないでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

まず、先ほども書きましたが、年齢によるものの可能性が高いので、難しいことが多いですがやってみる価値があることはいくつかあります。

・神経の機能を回復できる可能性のあるものとして、ステロイド剤がありますので、それを試験的に数日使う

・レーザー治療も神経機能の回復をしてくれるので、首や前足などの神経にレーザーを当てる

と言ったことです。これらの治療は痛みや体の負担は特にありません。

ただし高齢のせいだけでなく、他の病気が原因があるのかどうか最低限身体検査と血液検査はしてもらったほうがいいでしょう。

貧血や甲状腺機能低下症、心不全など力が入らなくなるような病気は多いです。

それから寝てもらうためには睡眠薬が必要になることが多いです。

痴呆症はワンちゃんにも多く、そういった場合は睡眠薬を使って夜寝てもらう子は多いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
29694;在、腎臓病で治療食で様子をみている状態です。
また以前のミニドックでは、脳に障害があるかもしれないとは言われました。
かかりつけの病院でまた相談してみます。
ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

そうですね。

ワンちゃんは2か月で人の1年近く年を取ります。

やはり腎臓以外に何か異常があって足に力が入らないのかどうかはしっかり診ておく必要はあります。

加齢性の変化であるかどうかは、他の病気がないかどうかを見ないとわかりませんので。

お大事にしてください。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問