JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

Gシェパード もうすぐ2歳。 2週間前に痙攣(全身)。 翌日に2回目痙攣。 抗てんかん薬開始。

解決済みの質問:

Gシェパード もうすぐ2歳。 2週間前に痙攣(全身)。 翌日に2回目痙攣。 抗てんかん薬開始。 内臓検査では異常なし。 つづいて明日MRI検査を予定してます。 全身麻酔が心配で検査を迷っています。 麻酔の心配よりMRI検査の必要性の方が大きいでしょうか。 てんかん持ちで全身麻酔によって痙攣になる可能性もあるとネットで見ました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

まず、全身麻酔で発作がひどくなるという可能性はぜろではありません。

ですが、最近ではてんかんの子に使う麻酔薬が確立されてきており、私は最近麻酔のせいで発作がひどくなったということは経験したことはありません。

ですので可能性はありますが、低いと思ってもらった方がいいでしょう。

一方で、必要性に関しては獣医師によって意見が分かれます。

血液検査で異常がない発作となると脳の異常の可能性が高いです。

年齢と犬種からは脳腫瘍や脳炎などよりも真性てんかんの可能性はかなり高く、真性てんかん以外を疑うような、

発作が止まらない

元気食欲が落ちてくる

目が見えない

などの症状がなければ、必ずしもMRIが必要だとは私は思いません。

麻酔のリスク自体は低いと思いますので、他の病気の可能性を今のうちに否定しておくためにMRIを撮っておくということ自体は全く悪いことではありません。

ただし、真性てんかんと矛盾するような症状がなければ、私は真性てんかんとしてMRIなしで臨床診断して治療を開始することが多いです。

あとは飼い主様が他の病気をしっかり否定しておきたいかどうかによると思います。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速ご回答いただきありがとうございました。 麻酔のせいで発作が酷くなる可能性はかなり低いとお聞きして少し安心しました。 ですがそれ以外ではとても納得できるお返事でMRIを受けるか、止めるかますます悩んできました。 かかりつけの病院の先生はMRIを勧めます。私も他の病気の可能性を否定したいのでMRI検査を受けるようにしていました。 ですが愛犬のことを考えるならMRI検査をしない方が良いと考えます。今のところ、発作が止まらない、食欲が落ちる、目が見えないという症状は全くなく元気です。 今しばらく考え決断します。 アドバイスありがとうございました。

犬 についての関連する質問