JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳のメス猫です。4月頃から吐く回数が多くなり、徐々に食べる量が減って、激痩せしてしまいました。6/12にかかりつけで

解決済みの質問:

13歳のメス猫です。4月頃から吐く回数が多くなり、徐々に食べる量が減って、激痩せしてしまいました。6/12にかかりつけで診察を受けた時には、食事の時、首を振って食べにくい様子から、歯が悪いのかもしれない(確かに歯が少し黒くなっているように見えました)と皮下注射(抗生物質だったかどうか分かりません)をして様子を見ました。しかし、症状は良くならず、血の混じったような嘔吐(複数回)と真っ黒の排便(2回)があり、6/30に再度受診。血液検査をすると酷い貧血の状態だと言われました。FIV/FeLv抗原抗体検査は陰性でウイルスやエイズではないようです。ですが白血球が25000と高い数字が出ています。これらのことから、少しでも早く抗生物質、ステロイド治療、輸血をしたようが良いと言われましたが、それをやっても良くなる可能性は2、3割程度だと言われました。貧血の原因はわからいようです。そこで、原因を特定するためにセカンドオピニオンで他の病院をあたる方が良いか、輸血をした方が良いのか、治療をしても良くならない可能性を考えるとゆっくり看取ってやるのがいいのか悩んでいます。よろしくお願いします。
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

腹部エコー検査はしていますか?

また、具体的な貧血の数値を教えてもらえますか?

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございます。
腹部エコー検査はしていません。
貧血の数値は昼に帰宅してからお知らせします。
体重は6/12の2.1kgから6/30の1.8kgに落ちています。
今朝はカルカンの15歳用の柔らかい餌はなめる程度に食べました。
その他、生魚は少し食べる気になるようです。
欲しがるような生魚を与えてもいいのでしょうか。与えるとしたら種類はマグロなど赤身の方がいいでしょうか。
食事だけで貧血が改善されるとは思っていませんが、少しでも改善につながるようなサプリメントなどありますでしょうか。
小児用 ポカリスエットなども有効なのか教えていただきたいです。
病院では食べられるようになれば回復するような感じではないと説明されましたが、
貧血の根本的な解決はやはり原因がはっきりしないと難しいのでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

まず、輸血をした方がいいかどうかは、

貧血の数値

今後も出血が続くのか

その後の治療方針

によって変わってきます。

基本的に輸血は一時的に貧血を改善させるものですので、それで時間を稼ぎながら根本的な原因治療(おそらく胃から出血しているものと思います)をしていけて、貧血が命にかかわるくらい強いのであれば輸血が必要になります。

それから白血球が高いから、ステロイドや抗生剤を与えるというわけでもないです。

白血球が高くなる原因は様々です。感染症であればステロイドは逆に悪化させてしまいます。

まずは原因究明が必要です。抗生剤はそれほど害はないので与えてもいいとは思います。

私は同じような子を数頭見たことがあります。

その中でも一番多かったのは胃の腫瘍です。

胃に腫瘍があるためにおう吐して、その腫瘍が大きくなって一部が破れて出血し、血を吐くというものです。

胃酸で血が酸化されるので、黒い便が出たりもします。

ですので、胃の出血の原因を探る必要があり、その場合にはまずはエコー検査です。

その後場合によっては内視鏡やCT検査が必要になりますが、これらは麻酔が必要になり、リスクもゼロではないので、まずは何もリスクのないエコー検査が必要です。

胃の主要の場合、猫ちゃんではリンパ腫が多くその場合は、薬での内科治療になります。

胃の腺癌などであれば手術が適応になるケースもありますが、多くはありません。

とにかく診断ができないと治療もできず、輸血をしたとしても出血で貧血してしまいます。

エコーをしないのは、エコーがないとか性能が悪くて胃の診断ができない、あるいは技術に自信がないためだと思います。

今日にでも大きめの病院でセカンドオピニオンを受けてもらった方がいいでしょう。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございます。
添付ファイルに血液検査の結果を載せますのでご確認下さい。
輸血の必要性を感じれば教えていただきたいと思います。
以前、血尿から痩せてしまった時、セカンドオピニオンでこの病院にかかりました。他の病院も考えてみようかと思いますが、近くに大きめの病院が見つからない場合、この病院でエコー検査をお願いするというのはどうでしょうか。
医師としては1度考えた方向性が違うと対処しにくいものでしょうか。
もしくは、三重県松阪市付近でここなら設備が整っているという病院はありますか。
検索していますが見当たりません。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。

今も出血が止まっていないのであれば輸血が必要な数字だと思います。

申し訳有りませんが、このサイトでどこの病院と紹介することはできません。ご近所の人の口コミやインターネットで探してください。

今の病院でエコーを見てもらうのはいいと思います。

うまく飼い主様が話を持っていけばやっていただけると思います。

知り合いの人で同じような症状でエコーをしたら見つかったなどと言ってもらってもいいでしょう。

リンパ腫は薬の効きやすい腫瘍ですので、薬でかなり良くなってくれることが多いです。

専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

お手数ですが、質問を終了する際には必ず下記の注意事項を守っていただくようご協力お願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

他に質問はありますか?

お手数ですが、質問を終了する際には必ず下記の注意事項を守っていただくようご協力お願いいたします。
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
36820;信遅れてすみません。仕事のあと、セカンドオピニオンを受けて帰ってきたところです。
レントゲンとエコーを撮ってもらいました。
エコーから胃の出口付近に癌の腫瘍があるということで、そこからの出血だろうということでした。
「リンパ腫なら薬で」という僅かな希望は断たれてしまいました。
添付ファイルにエコーの写真を載せました。
腫瘍は大きいように見えますか?
広範囲に腫瘍があるようなら手術をしても、術後経過が悪い場合が多いと言われました。
手術に踏み切ろうかどうか迷っています。
手術をしない場合、余命1週間前後だろうとのことでした。
文書と写真の少ない材料ですがjapavet先生の診立ても参考に判断したいと思います。
よろしくお願い致します。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。やはりそうでしたか。

確かに大きいですし、胃の出口というのは、憂悶のことだと思いますが、その部位は手術が難しい場所になります。

ただし、『「リンパ腫なら薬で」という僅かな希望は断たれてしまいました。』ということが解せません。

見た目から胃の腺癌なのか、リンパ腫なのかは区別が難しいです。

これでリンパ腫は否定できないでしょう。

こういう感じの見え方のリンパ腫は何度か見たことがあります。

本来であれば内視鏡もしくは針生検で細胞を取って確定した方がいいですが、胃の腺癌であれば正直何もしようがないので、リンパ腫の可能性にかけて抗がん剤をしてもいいのではないかと思います。

犬であれば別ですが、猫ちゃんだと位に何かできている場合、リンパ腫が一番可能性が高くなります。

私であれば、抗がん剤のロイナーゼなど効果が強くて副作用の少ないものを最初に投与して、それが効けばリンパ腫と判断して治療することもあります。

ロイナーゼはリンパ腫ではない子に投与しても副作用はかなり少ないです。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございます。
まだ抗がん剤治療という方法が残っているのですね。
その点についてもう一度セカンドオピニオンを受けた病院で聞いてみたいと思います。
その病院はCTはありませんが内視鏡検査は出来るようです。
また明日その後をご報告させていただきます。
必ず評価もさせていただきますので最後までよろしくお願い致します。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

はい、リンパ腫の可能性が高いので、それであれば抗がん剤が効きます。

抗がん剤と言ってもすべてのがんに効くわけではないので、胃の腺癌だと難しいですが、猫ちゃんではリンパ腫がかなり多いです。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12362;世話になります。
午前中セカンドオピニオンの病院へ行き、まずは輸血をすることで話を進めました。
ロイナーゼなどを使った抗がん剤治療のこともどうかと伝えました。
ロイナーゼはいい薬だとは思うが、現在、リンパ腫と仮定してロイナーゼを入れていくには、リスクがあるのではないかと言われました。10匹に1匹程度の割合で副作用が強く出ることがあるのでそれが心配だとのことです。
ですので、まず輸血で体力的な向上を図っから、ステロイドを使い、出血が止まれば次の行程に進めていきたいそうです。
もちろんステロイドで出血が悪化する可能性も理解した上で行います。
その他、貧血について新しい赤血球は出来ているらしいのですが、溶血性貧血についての疑いを消すためにもクームス検査をするようです。
Customer#20808;生の治療の順番とは違うようになってしまいますが、担当医の考え方がしっかり聞け、方法や可能性をこちらからも提示できることは有効だと感じています。そして現在、医師としては胃の腺癌の可能性が高いとみているようです。
私としては貧血がおさまり、詳しい検査で腺癌かリンパ腫の判断がついてから、抗がん剤治療、もしくは、手術をするかしないかを考えてもいいのではないかと思っているのですがいかがでしょうか?一応本日の血液検査を添付しておきます。
19時以降に迎えに行き、また結果をご報告させていただきます。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

本来であれば、もちろん診断⇒治療の順です。

ただし、診断にリスクが伴い、時間があまりないとなると

診断的治療⇒診断という方法をとることもあります。

獣医師によって意見が異なる部分ではあると思いますが、私はロイナーゼはほとんどリスクのない治療だと思っております。

少なくとも猫ちゃん30頭以上打ったことがありますが、1度も副作用は経験したことはありません。

それから、リンパ腫はステロイドを先に使うと抗がん剤の効果が落ちると言われています。

状態が悪くて仕方なくステロイドを先行することはありますが、私はステロイドを先行させるのはできるだけ避けています。

これは、獣医師によって異なるので何がいいかということは何とも言えません。

それから、基本的に腺癌であった場合は手術しかありませんが、正直手術をしても完治は難しくあまり予後が良くないことは多いです。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12362;世話になります。
無事輸血を終え、一旦は唇の血色が少し良くなりました。
抗生剤や胃薬を使い、3日間出血が止まるかどうかを確認してから手術に踏み切るかどうかを判断することになりそうです。
この場合、医師に対し、こちらがロイナーゼの使用を強く希望すれば出来るものでしょうか?
他に使用してる子がいるみたいなので、取り扱いはあるようです。
選択の仕方は獣医師によってそれぞれでしょうが、手術しても回復する見込みが少ないのであれば、切らずに抗がん剤治療にかけてみるのも良いのかなと思います。
内視鏡での細胞検査はやっても、結果が出るためには10日かかると言われているので、体力的に待てるものなのかも心配です。
状況によって最良の方法が選択出来るか悩みは尽きません。
よろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

正直、患者さんの要望を聞くかどうかはその要望にどの程度同意できるかにもよります。

獣医師の経験上、どういった方法の方がいいのではという意見は変わってきます。

手術を無理やりやるということはありませんが、ロイナーゼを打ってもらうかどうかに関してはその獣医師の判断になるでしょう。

私は、そのまま手術して万が一リンパ腫だった場合(リンパ腫では手術の意味はありませんし、切開した胃の部分がくっつかない可能性があります。)のリスクとロイナーゼを打つリスクでは圧倒的に後者の方がリスクが少ないと思います。

ただし、これはあくまで一獣医師の意見です。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。
家族で話していても、リスクの順番からやはり先に抗がん剤治療を希望してみようという話になりました。
可能であればですが。
担当医はロイナーゼ以外にも種類があるようなことを話していたのですが、これまでの画像から判断するとロイナーゼの次に効果の期待出来そうな薬は何になりますか?
抗がん剤治療に入った場合、薬が効けば良いですが、効かなかった場合は薬を変えるということになるかと思ってお聞きいたします。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

私がロイナーゼを押す理由は

1.効果が強い。短期間でも効果が出る

→リンパ腫かどうかの試験的治療に使いやすい

2、副作用が少ない

→リンパ腫でなかった場合のリスクが小さい

ということです。

ロイナーゼが効かないリンパ腫もありますが、それで効かなければリンパ腫土地手の治療を続けるのはあまりよくないです。

その場合はリンパ腫の可能性が低いので、可能性の低い治療をするのではなく、しっかり診断を付けなければなりません。

japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございます。
輸血から1日半で唇の色が少し白く戻ってしまいました。
まだ経過を見ている途中ですが、出血が止まっていないのかもしれません。
ロイナーゼを使った抗がん剤治療が効かなかった場合のことは理解しました。
腺癌であった場合、手術をするかしないかは最後の最後まで悩むかもしれません。
数日間でしたが何も知識が無い者にご回答いただきありがとうございました。
出来れば最後まで経過をお伝えしたいところですが、長くなってしまいますので
この辺で評価をさせていただきたいと思います。
大変お世話になりました。
専門家:  japavet 返答済み 10 ヶ月 前.

はい、なかなか悩むところではあると思いますし、どの方法を取るのが一番いいかというのは、ある程度結果論にはなってしまいますが、後悔のない方法を取れることをお祈りしています。

お大事にしてください。

また何かあればご連絡ください。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問