JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

すいません、我が家に13歳になるメスのダックスフンドを飼っていますがここ1年でオッパイの所に大きな腫瘍?みたいなのが出来

解決済みの質問:

すいません、我が家に13歳になるメスのダックスフンドを飼っていますがここ1年でオッパイの所に大きな腫瘍?みたいなのが出来始めていまではピンポン球くらいの大きさになってしまいました。
もう少し小さい時に近くの病院に行った時には、脂肪の固まりか腫瘍だと思うけどどっちにしろ全身麻酔は年齢的に厳しいとのことでどうにも出来ない状態なのですがこれはこのままにしておくのが一番なんでしょうか、、
破裂とかしないのか、、心配です。
そして寝てる時はやはり前よりも呼吸も早いし何をしてやればいいのかわからず悩んでいます。
よかったらアドバイスいただけると嬉しいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

それは心配ですね。

避妊手術はされていますか?していれば何歳の時にしましたか?

それは硬いですか?

内臓は健康かどうかわかりますか?

もう少し情報をお願いします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信ありがとうございます。
避妊手術はしてません。
ブヨブヨではないですがカチカチというほどでもないかと、、
素人目でみるとなんだか取れちゃいそうな気もするくらいなんですが、、
内蔵は特に検査はしてません。
ただたまに下痢をしたりとか食欲がたしかに前に比べたら減ってきてはいます。
オシッコも少量を所々にしたり、なんだか漏れてるようなイメージというか、、
すいません、現状を箇条書きしてしまいました、、
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

そうでしたか。

それであるとおそらく乳腺腫瘍の可能性は低いと思います。

乳腺腫瘍はある程度硬いですし、乳腺に出来るので、撮れてしまうような感じではなく、もっと奥の方に出来るイメージではあります。

ただし、悪性のものもそういった見え方をするものもあるので、一度検査はしておいてもらったほうがいいと思います。麻酔をしなくても針を刺して細胞を顕微鏡で診ればある程度悪そうなものかどうかわかることは多いです。

15歳でも内臓が元気であれば手術をすることもありますし、年齢でできないということはありません。

手術をするメリットがデメリットを上回りそうであれば手術をします。

まずはやはりそのしこりの正体と内臓の状態を把握しておいた方がいいでしょう。

良性のものが疑われるのであればそのまま置いておいてもいいと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20889;真添付しましたがこのような感じです。良性の場合そのまま置いておいても平気との事ですが、その場合はこれは萎んでいくんでしょうか?あと最近尿漏れが酷いのも関係してるんでしょうか?また尿漏れは原因とかありますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

写真ありがとうございます。

確かにこれだと破裂する可能性もあると思います。

見た目は乳腺腫瘍ぽくないですが、悪性の可能性は十分あると思います。

この状態だと私は手術をした方がいいと思います。

破裂以外にも歩いているときにこすれたり、何かに引っかかったりすると、破れます。

底に感染が加わると痛みが強くなるので、全身的も弱ってしまいます。

幸い、根元が非常に細いので、手術自体はそれほど時間がかかったり大きな傷になることもないのではないかと推測します。

自然に縮むことはないですし、上に書いたようなリスクもあるので、しっかり検査をして内臓に問題がないのであれば手術すべきではないかと思います。

セカンドオピニオンも考えてもらったほうがいいでしょう。時間がたてばたつほど手術も厄介になりますし、体力も落ちてしまいますので。

尿漏れに関しては関係ないと思います。

尿漏れは膀胱炎や膀胱結石、尿量の増加、ホルモン性などいろいろありますので尿検査を含めて検査してもらったほうがいいでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;丁寧にありがとうございます。そうですね、ちょっと検査にはいこうかと思います。あと最近寝てる時ですが呼吸がとても早いです。荒い時もあり不整脈みたいな感じでちょっと怖いときもあるのですがこれは肺とかが弱ってるんでしょうか、、この状態で手術などってできるんでしょうか?やはり手術は全身麻酔ですよね??
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

はい、手術は全身麻酔です。

ですので、その麻酔にどれくらいのリスクがあるのかを事前に検査をして大丈夫かどうかを判断するのです。

呼吸が速いのが異常なのか正常なのかは検査をしてみないといけませんが、高齢の子では心臓が弱っていることがありますので、レントゲンや聴診、超音波などで心臓の状態はしっかり診てもらったほうがいいでしょう。

もちろん肝臓や腎臓、貧血などの内臓の状態を血液検査で診てもらうことも必要です。

そこで総合的にどれくらいのリスクがあるのかを判断して、手術をやるかどうかを決めるべきです。

最初にも書きましたが13歳だから手術ができないということは一切ありません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
35576;々ありがとうございます。最後に、検査、手術だとそれぞれどれくらいの費用の相場何でしょうか?あと都内などでオススメの病院とかありますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

実際に診ていないので手術がどれくらいになるとか、どんな麻酔を使ってどれくらいのケアが必要かわかりませんが、おそらくすべて混みで5~10万円くらいになると思います。

日帰りもしくは1泊の手術になるのではないかと思います。

申し訳ないですが、個々の病院に関しては何とも言えません。

口コミを聞いてもらうか、ホームページなどを見て、手術をしっかりやっていそうな病院を探してもらうといいと思います。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました!

犬 についての関連する質問