JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1)体重8kgの雄犬11歳。最近の検査で(ALP901)(Ca15.4)(T4 2.03)(ACTH24.0)

解決済みの質問:

1)体重8kgの雄犬11歳。最近の検査で(ALP901)(Ca15.4)(T4 2.03)(ACTH24.0)
クッシング主症状は何にも有りませんが、クッシング症候群と言われアドレスタン30mg
1日1回 1週間服用しましたが(ALP922)(Ca16.0)と上昇しました。
2)Caが高いのでアレンドロン5mg朝1日1回 4日間服用しましたが Ca16.0以上でした。アレンドロン5mg1日2回に増量になりましたが 体重8kgに対して1日10mgは適量か心配です。又別の病気が疑われるでしょうか? よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

ACTHとはACTHの濃度でしょうか?

それともACTH刺激試験によるコルチゾールの濃度でしょうか?

単位もわかれば単位も教えてください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
ACTH ポストと書いていますが単位は分かりません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

そうですか。

おそらくそれはACTH刺激試験後のコルチゾールの値ですね。

確かにその値は高めですが、正常値より若干高いというくらいです。

それから、クッシング症候群の反対のアジソン病では高カルシウム血症になりますが、おそらくクッシングの治療で、カルシウムの排泄を促す副腎ホルモンを抑えたせいで余計にカルシウムが上がってしまったものと思います。

クッシング症候群はあったとしても軽度な数値ですので、それよりもカルシウムに重きを置くべきだと思います。

全身のエコー検査や上皮正体ホルモンなどの検査はしてもらっていないですか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
胸部と腹部のエコー検査で尿管結石が見つかり15日前に手術をしました。 全身のエコー検査や上皮正体ホルモンなどの検査はしていません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

その時にはカルシウム濃度は測っていませんか?

また現在のBUN、Cre(クレアチニン)、P(リン)の値を教えてください。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

その時というのは手術時です。

手術時のカルシウム濃度を教えてください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
5/17 手術時のカルシウム濃度15.4   5/21 Ca13.6    5/25 Ca 16.0以上    5/28 16.0以上
5/21 アドレスタン10mg飲み初め  5/23アドレスタン30mg増量  5/25 Caが上がったのでアレンドロン5mgが処方され5/28Caが下がらないのでアレンドロン10mgに増量になりました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

その時点ですでに高いですね。

まず、先ほども書きましたがクッシングでは高カルシウムは起こりません。

むしろホルモンを抑えてしまうとカルシウムは上がります。

今現在の問題は高カルシウムですので(クッシングがあっても治療するほどではありません)、クッシングの治療を中止して、カルシウムの治療に全力を向けたほうがいいでしょう。

その状態が続けば腎不全になりますし、不整脈から突然死の原因にもなります。

アレンドロンの増量より、アドレスタンの中止が最優先でしょう。

それから、高カルシウムの原因は

1.悪性腫瘍(リンパ腫など)

2.上皮正体機能亢進症

3.アジソン病(副腎皮質機能低下症)

4.慢性腎不全

などが多いです。

3はなさそうですし、4はデータがいただけなかったので不明ですがまずは1と2がないかどうか全身のエコー検査と触診、それから上皮正体ホルモンの検査をしてもらったほうがいいでしょう。

まず、今の最優先事項はアドレスタンの中止だと思います。

今のデータをもってセカンドオピニオンを受けてもらうのも考えてみたほうがいいかもしれません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
腎機能は5/28 (BUN 21.4) (CRE 1.2)でした。1)アドレスタン30mgの止め方はどのようにすべきでしょうか? 徐々に減量していくべきか?  すぐにに止めるべきか?2)アレンドロン5mg1日2回に増量になりましたが 体重8kgに対して1日10mgは適量か心配です。 よろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。

であれば慢性腎不全はないので、1か2がかなり疑わしくなりますね。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

1.アドレスタンは急にやめても問題のないお薬です

2.やや多めですが、実験的には問題を起こさないようです。

私であればアドレスタンをやめてアレンドロンはそのまま行くと思います。

カルシウムが下がってこればアレンドロンを減らします。

生理食塩水の点滴も併用するでしょう。

カルシウムが15を切らなければ怖いのでそちらを徹底的に治療します。

ただし、私が治療できるわけではないので、必ず病院の指示をしたがってください。

クッシングの事ばかり言われるのであればセカンドオピニオンを受けられたほうがいいでしょう。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
適切なご返答ありがとうございました。 今後愛犬の為に全身のエコー検査と触診、それから上皮正体ホルモンの検査をしていただこうと思います。
ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

はい、そうですね。

原因の追究もそうですが、カルシウムの値をある程度下げておくことですので、まずはそれを優先してもらったほうがいいでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
青森県八戸市在住ですが、最悪の場合を考えて、上皮小体機能亢進症の検査や手術をする適切な病院はどこでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.

検査はどこでもできますよ。

申し訳ありませんが青森の手術が得意な病院は存じ上げておりません。

それに関しては今の病院で紹介してもらったほうがいいでしょう。

上皮小体機能亢進症はまれな病気ですが、手術難度は高いので、北里大学などを紹介してもらったほうがいいかもしれません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
適切な回答ありがとうございました。

犬 についての関連する質問