JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1314
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

以前から腎不全にかかって病院にかかっていますが、腎臓の数値は悪くないのですが、急に歩けなくなって、病院に行きましたが、C

解決済みの質問:

以前から腎不全にかかって病院にかかっていますが、腎臓の数値は悪くないのですが、急に歩けなくなって、病院に行きましたが、CRPがあがってるけど、原因がわからないので、点滴して帰されました。とても体が辛そうなので、明日いきますが、どんな検査するのですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 歩けなくなってからは、血液検査以外にどのような検査を行いましたか? また、点滴以外にはお薬の処方はありませんでしたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
薬はないです。。腎臓に関する血液検査とCRPだけです。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 犬種年齢と症状からは、腎臓の状態の悪化というよりは、椎間板ヘルニアなどの可能性が高いのではないかと思われます。 明らかに椎間がすり減ってしまっている場合には、レントゲン検査や神経学的検査でおおよその病変部位の予想がつく場合もありますが、基本的には確定診断にはCTやMRI検査などの全身麻酔が必用な検査が必用です。 通常椎間板ヘルニアでは根本的には外科手術が有効とされていますが、高齢で腎臓も悪いとのことで、麻酔のリスクが高いため、内科での消炎鎮痛剤の投与や安静療法、場合によっては針療法などでの治療が無難かもしれません。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。

犬 についての関連する質問