JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

11歳トイプードルの女の子です。 健康診断の際、皮膚の色素沈着が気になるといわれ、甲状腺の検査をしました。

解決済みの質問:

11歳トイプードルの女の子です。
健康診断の際、皮膚の色素沈着が気になるといわれ、甲状腺の検査をしました。
コレステロール、中性脂肪の数値も高く、サブのホルモン数値が低い事から甲状腺機能低下症と診断。
甲状腺の飲み薬を2週間服用。

その間に目やにがひどくなり診察、結果、外耳炎と診断

耳の中に注射器で薬剤注入
同時にワクチン接種。

帰宅後2〜3時間で耳が完全に聞こえていないことが判明。

家族にも確認したら数日前から音の反応に鈍くなった気がしてたと言われる。

翌日、血液検査を受けたが外耳炎による難聴ではないとのこと。まだ薬が残っていて聞こえずらいのかもと診断。様子見になっている状況。

現在、完全に聞こえないわけではないが、
ほとんど聞こえていないように感じます。
これは、薬の副作用によるものですか?
それとも甲状腺の症状?
回復は見込めないのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。 もう少し情報をください。1.甲状腺ホルモンの値がわかれば教えてください2.耳に入れる薬は注射器で入れるものはふつう使いませんが、薬の名前はわかりますか?洗浄液ではなく、薬を注射器で入れたのでしょうか?3.耳の聞こえ具合は開腹してきていますか?かわりませんか?4.頭を傾けたり、ふらつきはないですか? わかる範囲で結構ですので、よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
1の返答
ホルモン数値 T3 0.5 T4 1.3
総コレステロール 333
2の返答
名前不明。出血してもおかしくないくらい炎症してると言っており、洗浄ではなくお薬を入れたと言われました。
注射器を使用していたのですが、、奥まで入れるためでしょうか。。
自宅での薬等は処方されていません。
3の返答
呼んでも反応なし。近くで大きめの声で呼ぶと反応あり。あまり回復していないように思います。
4の返答
ふらつき無し。傾き無し。
夜はあまり元気無し。不安そうにみえますが、私の不安が伝わっているのかもしれません。曖昧ですみません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 そうでしたか。 まず、甲状腺機能低下症の症状の一つにも難聴というものがあります。ただし、それが薬を飲み始めてから出てくるかというと微妙なところがあります。 そうなると難聴の原因として考えられることは1.薬の副作用2.内耳炎の併発が考えられます。点耳薬の中には聴覚毒性のある薬(ゲンタマイシンなど)が入っていることもあり、そのせいで聴覚障害を起こすことはあります。また、外耳炎に中耳炎や内耳炎が併発することもありますので、それが原因かもしれません。ただし、自覚症状がわからないワンちゃんの内耳炎や中耳炎の診断は難しいです。 どちらの原因にしてもよくなることもありますし、あまりよくならないこともあります。ただし、点耳薬はやめたほうがいいと思いますし、内耳炎や中耳炎の疑いがある場合は、内服の抗生剤などを与えてもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。追加質問です。
①難聴の原因が薬の副作用の場合、甲状腺の薬ではなく、外耳炎の薬によるものの可能性が高いとい事ですか?
②副作用はよくある事なのですか?また、治療法はないのでしょうか?
③耳鼻科専門の病院で難聴の度合いや原因を検査したほうが良いでしょうか?
④今後、難聴の症状が進行すると、他にどんな病気のリスクがありますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
①はい、そうです。ただし、外耳炎が起きた原因は甲状腺ホルモン剤へのアレルギーの可能性はあるかと思います。甲状腺ホルモン剤で難聴というのは私は聞いたことはありません。 ②あまりないですが、ゲンタマイシンには聴覚動性があることがあるとは言われています。特異的な治療法はないので、その薬をやめて様子を見るしかないでしょう。 ③④聴覚だけの問題であればいいというか、それ以上何かなるとか、何か特別な治療ができるわけではないので、そのまま様子を見てもいいですが、内耳炎や中耳炎がある可能性がある場合は、そこから炎症が奥に波及すると痛みがひどくなったりふらつきが出たりします。一度そのあたりを専門で診てもらうのもいいと思います。ただし、動物の耳鼻科というのは存在しません。あるとすれば神経科ですが、それも多くないです。大きめの病院でセカンドオピニオンを受けられるというのが現実的だと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
セカンドオピニオン受けて見ます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、その方が安心だと思います。良くなるといいですね。お大事にしてください。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問