JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

5歳になるフレンチブルドック(雄)のアレルギー反応がおきると共に膵炎の疑いがでました。今後の膵炎の対応へのアドバイスをお願いいたします。 午前3時に嘔吐2回(黄色い泡)し少し

解決済みの質問:

5歳になるフレンチブルドック(雄)のアレルギー反応がおきると共に膵炎の疑いがでました。今後の膵炎の対応へのアドバイスをお願いいたします。
午前3時に嘔吐2回(黄色い泡)し少し様子を見て、お昼頃にいつも通りのフードを半分程あげ30分後に目の周りが腫れました。2時間位で落ち着き吐き気も無し、欲しがるので残りの半分を与えた所先程よりも腫れがひどくなる。
午後に病院に行きアレルギーを抑える注射をうってもらいました。自宅に連れて帰り絶食。3回目の腫れが起こり顔がパンパンに腫れてしまい翌日病院に再度受診。
アレルギー検査、血液検査、点滴、吐き気止めとアレルギーの注射を受け少し落ち着きました。アレルギー検査結果待ちですが、血液検査で一部データはLIP>1000u/l、GLU86mg/dl、BUN14mg/dl、CRE1.0mg/dl、IP3.5mg/dl、TCHO179mg/dl、TG42mg/dl、ALP144U/l、WBC59 となりました。CRPや外部検査はしてません。 LIPが高く他の項目は範囲内なので膵炎の疑いがあるとの事で、4日間の絶食、絶水で日帰りでの点滴とアレルギー注射と吐き気止め注射の治療を受け今日から療養食(ヒルズ食物アレルギー)を少しづつあげていいとの指示。(血液検査無、犬は欲しがっています。顔の腫れ、吐き気無、点滴だけなので便はでてない)
アレルギー結果は1週間程かかるので注射と療養食で結果がでるまで対応するのですが、「膵炎」は血液検査だけで他の検査をしないでも問題ないのか、他の疾患の可能性があるのかを教えて頂きたいです。少し気になっているのが施設の整った病院に行き詳しく検査してもらった方がいいかも教えて頂けると助かります。 長文になり申し訳ありません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。外注検査やCRPはどうして計測しなかったのですか?腹部超音波検査はおこないましたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
その時は知識もなく、後々ネットで調べたらやった方がいいことが書いてあったのでこちらでご意見を伺えればと思います。
外注検査、CRP、超音波検査は特に医師からは案内はなかったです。 超音波検査はしていません。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
LIPと膵炎の関連性には一説には80%台の相関性(メーカー談)があると言われていたと思いますが、実際に臨床をしている人間からするとLIPが高いから膵炎?というのはよくわからないですね。というのはLIPが高いから膵炎の可能性が高いと言っているのはメーカーだけ、臨床現場ではあまり重要視されていませんし、LIPが高いから膵炎という関連性が実際には薄いように感じるからです。また海外の専門医の間でも単なるLIPが高いだけでは膵炎ということは言ってる人は居ません。LIPが高いとそういうこともあるかもという程度です。CRPやINDEX社が行っている特異的犬膵リパーゼc-PLIは膵炎について感度と特異性が高いので信頼できます。 超音波検査で膵炎が疑わしい所見がある、IDEXX社という会社が行っている犬の膵炎のマーカー(特異的犬膵リパーゼ)が高い嘔吐下痢などでぐったりしている、痛みがあるなど幾つかの要素が合致していないと膵炎と決めるのは早いように思います。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
食餌アレルギーによる胃腸炎などが可能性としては考えられますが病気が重複している部分もあるかもしれません。こういう場合には食餌アレルギーの治療と膵炎や胃腸炎など全部を治療して経過観察する、病状が改善しない場合にはさらなる診断や治療方針を変更していくというのが妥当でしょう。治療のための診断や治療は必要ですが、単に診断を追い求めるのではなく、治療のために次の手を考えるための検査ととらえるべきでしょう。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
こういうことは高度な設備があるから良いのではなくて、きちんと筋道を立てて検査や治療する、必要な治療をしていくことです。治療方針が曖昧だったり、不振に思うのであればセカンドオピニオンを受けるのも良いと思います。大きな病院も良い先生もいますが、検査に振り回させている先生もいるので要注意です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
筋道を立てて考えてみます。迷ってばかりいましたが助かりました。
夜分遅くにご対応いただきありがとうございました。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問