JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

豆柴生後7か月で血液検査を行ったところ、ALPの値のみ高いとの結果を受け取りました。何かの病気ではないかとネットを検

解決済みの質問:

豆柴生後7か月で血液検査を行ったところ、ALPの値のみ高いとの結果を受け取りました。何かの病気ではないかとネットを検索した次第です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。若い子では骨から出るALPで肝臓が正常でも上がることが多いですが、どのくらいの数値かわかりますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
alpの値は665です。
他に高いと言われている値はガンマgtpが9.0でした。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。おそらくそれくらいであれば、成長期特有のものの可能性が高いです。10カ月以内くらいの子ではALPは500以下くらいが正常値であり、665はグレーゾーンではありますが、正常でもそれくらいの子も少なくありません。ですので、特に心配のある数値ではありません。γGTPは正常値より若干高いくらいですが、特に以上と言えるほど高くはありませんので気にしなくてもいいでしょう。 元気食欲などの一般状態が変わらなければ何の問題もない数値です。もしご心配な場合は、成長期の間はおそらくALPは下がらないと思いますので、生後一年くらいで再度検査をしてもらってもいいでしょう。それくらいになればほぼ正常値まで下がっていると思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
安心しました。様子をみます。ありがとうございました。

犬 についての関連する質問