JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

6歳になるチワワ(オス、去勢済)の目の下と唇付近、あと前足の裏、確認できる限りでは6~7か所に3ミリ程度の黒い丸いシミのような点ができています。 いずれも確認できたのは毛が生えて

解決済みの質問:

6歳になるチワワ(オス、去勢済)の目の下と唇付近、あと前足の裏、確認できる限りでは6~7か所に3ミリ程度の黒い丸いシミのような点ができています。
いずれも確認できたのは毛が生えていない箇所ばかりです。
目の下にあるのが特に目立つため最近になって気付きましたが、他の箇所はもっと前からあったのかもしれません。
シミの色は真っ黒で盛り上がり等はなく、ほぼ円形、周囲との境目も明確です。
慢性的に皮膚が弱く、赤い湿疹と痒みの症状で年に何度か通院し、酷い時期は処方された抗生物質を飲ませていました。
それ以外は食欲もあって元気なのですが、何かの病気でしょうか?
急いで病院に行った方がいいでしょうか?
ネットで調べたら皮膚がんの可能性に行き着き、非常に動揺しています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。まず、がんの可能性はほとんどありませんので、その心配はないです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
わたしはおそらくもともとあったものではないかと思います。ワンちゃんでは毛の舌の皮膚にそういった牛のような黒い模様がついていることが多いです。毛があって分からないが、毛を丸刈りにしたらたくさんあったというケースは多いです。それから、皮膚が悪い子では慢性的に皮膚が荒れているとそういった斑点ができることもあります(色素沈着)ただし、それ自体あるから何か問題というわけでもないです。色素沈着の場合は過去の炎症の証拠ですが、今炎症があるわけではないです。 ガンの場合は基本的に多発しませんし、盛り上がりが出てくることが多いですので、その可能性はほぼゼロと思ってもらってもいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
がんではないとのお言葉にとりあえず安心しています。
ただ、目の下のものは明らかに今まで無かった(少なくとも目に見えなかった)ものです。
もともと皮膚下に隠れていたけれど、色が濃くなって見えるようになったということでしょうか?
万が一、この症状に関して何らかの病気の可能性がある場合、判断基準になる症状があればお教え頂けないでしょうか?
(こういう兆候が出てきたら病院に行くべき、など)
あと、念のため写真を見て頂けると助かります。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おそらく、今まで目立たなかったものが濃くなったり、毛が少し薄くなって見えてきたものと思います。特に心配はいらないと思いますが、口の中のものは少し気になります。口の中のものは少し注意しておいてください。大きくなるとか膨れてくるとかには注意しておいてください。 ガンに関しては黒いものでは黒色腫というものがあります。皮膚の黒色腫は良性ですが、口の中のものは悪性のものが多いです。口の中に黒いものがあったらすべて黒色腫ではなく、模様であることがほとんどですし、黒色腫は基本的に膨らんでくることがほとんどですので、一応注意だけしておいてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
とりあえず緊急事態ではなさそうなので安心させて頂きました。ただ、家族と相談した結果、念のため一度お医者様に見てもらおうと思います。
改めて口の中を見ていて唇の左右の肉が妙にビラビラしているのが気になったのと(関係ないかもしれませんが)、
そういえば4年くらい前に一度、歯ぐきに白っぽい腫瘍(?)のようなものができて切除手術をしたことがありますので、もし関連があればと心配しております。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。その方が安心だと思います。4年前であればおそらく関係ないと思いますが、診ておいてもらったほうが安心ではあります。何事もないといいですね。お大事にどうぞ。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問