JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

長年クッシングを患っています。今年で11歳になるメス犬。一度アジソンにもなりました。しばらくクッシングの薬を2ヶ月ほ

解決済みの質問:

長年クッシングを患っています。今年で11歳になるメス犬。一度アジソンにもなりました。しばらくクッシングの薬を2ヶ月ほど辞めた所検査の数値が高くまた薬を開始し始めます。助けて下さい。短期間で結石の手術2回しました。尿道に詰まり。また2ヶ月ごにエコーで石が…
手術後膀胱炎にもならず尿も綺麗でph7ぐらいで落ちついてるのにもかかわらず、また再発。どうすれば良いのか、悩んでいます。アドバイス下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。それは心配ですね。石の種類は何ですか?また、具体的に結石対策をしている薬や食事の種類を教えてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ストルバイトです。一度の手術後にphコントロールをあげていましたが、また再発しその後手作り食に変えたがまた結石で手術。いまは犬心というフードをあげています
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
お水は井戸水やミネラルウォーターなどは与えていませんか?また、おやつは与えていませんか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
水は水道水です。おやつはたまにあげることがあります
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。そうでしたか。 そうなるとできることは1.フードをヒルズs/dあるいはc/d、ドクターズストラバイトケアに変える Phコントロールは、ストらバイトにもシュウ酸カルシウムにもいいという食事ですが、本来これらのできる条件というのは大きく異なります。ですので、ストらバイトができてしまうのであればそれ専用のご飯にされたほうがいいでしょう。犬心というフードは私は使ったことはないのでわかりませんが、処方食ではないので、どの程度効果はあるか不明です。ヒルズのc/dやドクターズのストラバイトケアはストラバイト用の処方食です。また、s/dはストラバイトを溶かす用のご飯ですので、c/dが効果が弱ければさらに強いs/dを与えるのも一つです 2.クランベリーサプリメントなどpHを下げるサプリを使うpH7というのは正常値の中の上限です。ストラバイトができやすい体質であればpHは6くらいに維持する必要があり、その一つの方法はクランベリーです。 あまりpHが下がりすぎてしまうとシュウ酸カルシウムのリスクも上がりますが、今の段階であればもう少し下げたほうがいいですし、もっとストラバイトに特化したフードを使うべきかと思います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
何か追加で聞きたいことがあれば返信お願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
フードもcd缶もsd缶も為したが効き目無しでした。今はウロアクト一日2錠与えるように指導されました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
他にやったことがあればすべて書いてもらっていいですか?それからs/dやc/dを与えた機関やその時の尿の正常を教えてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
フードはphコントロールから始まり次に2度目の手術後にcd缶それでも結晶が出来sd缶。数値は良い時で6でした。次の尿検査ではほぼ7から8の数値を行ったり来たり。その時は缶食でも結晶が出来、手作り食の指導を受けたが、
再発。一度目の手術ごから半年の間で缶食から手作り食に
変えています。もちろんおやつは
あげていませんでした。クッシングを患っているからどうしても膀胱炎になりやすいと言われています
質問者: 返答済み 1 年 前.
2度目の手術後から2週間間隔で尿検査して頂いていたのにもかかわらず、再発しています。長々とすいません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうなると、おやつは時々与えているというのは間違いですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
2度目の手術後に薬をあげるのにどうしても嫌がる時にあげる時が
あります。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
かしこまりました。 そうなると、今のウロアクトはクランベリーですので、それを与えつつ様子を見ることになるでしょう。他にできることはフードをドクターズのストラバイトケアに変えることです。これもc/dと同じようなフードですが、ワンちゃんによってはこちらがうまく合うことがありますので。 それから、あまり勧められませんが、抗生剤を長期で使っていくのも一つの方法です。クッシングではおっしゃる通り膀胱炎がおこりやすく、膀胱の細菌感染はストラバイトのリスク要因です。ペニシリン系の比較的古めのお薬であれば副作用も特になく、飲ませ続けることもあります。もちろんいいことではないですが、どちらを取るかとなった場合に仕方なく飲ませ続けることもあります。 それから、おやつは多少なりともリスクになりえますので、極力ゼロにするように努力していただくことも一つです。 これらのことを色々試すしかないですが、私はストラバイトのみであれば上記のいずれかの方法を組み合わせ手もうまくコントロールできなかったことはありません。ただし、あまりやりすぎた時にシュウ酸カルシウムが出てきてしまうような子は、どちらにバランスを取るのか難しいことはあります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
一度フードを変えてみます。ありがとうございます
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、できることをやってみてください。お大事にどうぞ。

犬 についての関連する質問