JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1314
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

こんにちは。 私は13歳の白いトイ・プードル(オス、3.6kg)を飼っているのですが、心臓と肺に問題を抱えています。症状は、肺に水が溜まり心臓を圧迫して不整脈を起こしています

解決済みの質問:

こんにちは。
私は13歳の白いトイ・プードル(オス、3.6kg)を飼っているのですが、心臓と肺に問題を抱えています。症状は、肺に水が溜まり心臓を圧迫して不整脈を起こしています。そのため、現在3種類の薬を担当の獣医師から処方されているのですが、昨晩から犬の様子がおかしいです。夜、ベットの上に横になっていると思ったら急に飛び起きて動き出すんです。それを夜の間ずっと続けているんです。心臓の音もとても大きく、お腹が大きく動いているのがわかるほど呼吸が辛そうなんです。もしかしたら薬に何か問題があるのではないかと心配しています。
現在処方されているのは、
Frudix 40mg - 1/4を1日3回、8時間ごと
Aminyllin 100mg - 1/2を1日2回
Vetmedin 2.5mg - 1/4を1日2回食前1時間前
Animyllinは数週間前から犬の調子が悪くなっていたので、先週の火曜日から担当獣医師が新しく処方してくださったものです。
個人的に、薬の量が多いのではないかと少し心配しています。
ご返答よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 薬は3種類だけでしょうか? また、咳などの症状はありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい。薬は3種類のみです。咳もよくしています。興奮すると喉に何か詰まったような咳を
よくします。カハカハと背を丸めて大きな咳をします。それからつい数日前にノミ・ダニ取り用の薬(液体)を使用しました。
使用する前に担当医師に確認をとったところ「問題ない。」とのことでしたので、そのまま使用しました。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
症状からはそれぞれの薬やノミ・ダニの薬自体の処方や量に関しては問題ないと思います。 しかしながら、薬の種類として、利尿剤と気管支拡張剤、強心作用のあるお薬は使用されていますが、慢性心不全で最も一般的でまず導入すべき、血圧を下げるお薬が処方されていないようです。 可能であれば早期にレントゲン検査および心臓のエコー検査、心電図検査を行い、血圧を下げるお薬と不整脈の種類によっては抗不整脈薬の追加を検討された方が良いと思われます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返答ありがとうございます。慢性心不全で血圧を下げる薬が処方されるとのことですが、一般的に処方されている薬の名前を教えていただけないでしょうか。また、今回このような症状が発症したのは何が原因だったのでしょうか。彼の体の中で何が起きているんでしょうか。それから質問の内容が少し変わりますが、慢性心不全を持っている犬の場合、飛行機に長時間(およそ10時間)乗せることは可能でしょうか。その場合のリスクや注意点があれば教えていただけないでしょうか。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
血圧を下げる薬で一般的に処方されるものですが、ACEI(ACE阻害剤)という種類で薬剤名としては、エナラプリルやベナゼプリル、アラセプリルなどと言ったものが獣医領域ではよく使用されています。 様子の変化に関しては、恐らくは心臓の状態の悪化が疑わしいのではないかと考えております、慢性心不全は基本的に治る種類の病気ではなく、しっかりと治療を行っていても少しずつ状態は悪化していくのが普通です。 心臓の弁を支えている腱索という部分が急激に切れてしまった場合などは特に症状悪化を引き起こしやすい傾向にあります。 追加の質問ですが、飛行機で気圧の変化などが起きると、動物の血圧等にも影響がでる可能性が十分にありえると思いますので、長時間でなくても飛行機の搭乗は非常にリスクが高いと思いますし、そのような既往歴がある場合には搭乗事態を拒否される可能性もあると思われます。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
質問を終えられる場合は必ず下の注意事項に従って終了してください。追加の質問があればこちらから返信お願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
質問に答えていただきありがとうございます。今は彼の方も症状が落ち着いたのか、ベットで眠っています。少し安心しました。今回の症状に関して、薬の飲み過ぎが原因ということはありえないでしょうか。
上記に記載した薬が効きすぎているということもないでしょうか。またこのような症状が再び起きた時、飼い主として何かできることはないでしょうか。少しでも症状を軽減してあげられるものはないでしょうか。よろしくお願いします。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
咳に対して気管支拡張剤である、Animyllinを追加されてからとの事なので、薬の作用からの副作用という点では、このお薬は心拍数を上げる作用があるので、既にかなり心拍数が高い状態の子に処方されると、心臓が空打ちのような状態となって症状悪化を起こすケースもありますので、そのような副作用での問題なのかを調べるためにも、心電図検査などが重要です。 このような症状への自宅での対処としては、なかなか難しいところなのですが、できるだけ部屋を薄暗くしていただいて、目を閉じてその上から軽く指で眼球を抑えてあげると、副交感神経が働いて比較的落ち着きやすいとされていますので、一度お試しください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
早速、今週中にでも心電図検査を受けれるようにしてみます。対処法に関してですが、気休めにしかならないと思うのですが、犬用のサプリメントや整腸剤(乳酸菌、ビフィズス菌等)を与えてみるのはダメでしょうか。仕方のないことですが、薬ばかりでは体への負担が大きくはないでしょうか。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
サプリメントに関しては、特に飲み合わせで害のあるものではありませんので、与えてみても問題ないと思います。 心疾患で症状を起こしているような状態であれば、投薬による治療は必須で、むしろ現在の処方に不足がある可能性もあるため、必要なものと割りきって考えられたほうが良いと思います。 心疾患では5~6種類お薬を併用していく場合も多いため、現在が特に薬の量が多いという訳ではありません。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
そうですか。わかりました。長々と私の質問に対応していただきありがとうございました。
頂いたアドバイスをもとにこれからも対処に励みたいと思います。本当にありがとうございました。
また機会がありましたらどうぞよろしくお願いします。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
また経過についてや新たなご質問等ありましたら、質問文にatlus302に回答を依頼する旨の内容を記載して指名していただければ再び私が回答させていただきますので、いつでもご相談ください

犬 についての関連する質問