JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9歳のシーズーです。4年前から乳腺にちいさなしこりがあり先生からは大きくなるようなら手術を考えましょうといわれていま

解決済みの質問:

9歳のシーズーです。4年前から乳腺にちいさなしこりがあり先生からは大きくなるようなら手術を考えましょうといわれていました。ずっと変化なく経過していたのですが今年の2月の生理のあとから急激におおきくなりました。今直径2センチほどです。ほかにも小豆粒ほどのしこりが3つみつかりました。
7日に手術の予定を組みましたが術式についてまよっています。先生と相談して部分切除と避妊手術を行うことにしたのですが片方の乳腺をすべて切除したほうがよいのでしょうか。先生からは両方のメリット、デメリットの説明はうけました。当日まで変更は可能といわれています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
特に内臓に病気はないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
昨日術前検査をしてきました。オペは可能とのこと。胸部レントゲン上も転移らしきかげはありませんでした。
尿石症がありますが治療食で症状は消失しています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
オペは可能ということですが、具体的に肝臓や腎臓の数値にいじょうがあるとか、心臓に雑音がまじっているということはないですか?
それらによって麻酔のリスクや負担が変わってきますので、
質問者: 返答済み 1 年 前.
血液検査もしました肝臓腎臓の数値は正常でした。心臓も大丈夫とのことでした。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。そうですか。
それでは私は片側全摘出術をお勧めします。
一応どちらも予後は変わらないというデータが出ていますが、ほとんどの子は部分的では残った部分に再発します。
まだ9歳で内臓に問題ないのであれば、今後のことを考えると全摘出術の方がいいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
傷のことやもし良性だったら。。。と考えるとかわいそうな気がして。でもネットで調べたら全摘をすすめる先生が多いようだったので迷ってしまいました。
かかりつけ医は部分切除して悪性とかまた次々にしこりができるようなら再オペして全摘すればよいのでは?といわれましが最悪何回もオペしたら寿命が縮まるのではないかと
やはりはじめから全摘のほうがよいですよね。。。
質問者: 返答済み 1 年 前.
このかかりつけ医の考えについてはどうおもわれますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
先ほども書きましたが、今現在データとして出ているのはどちらも予後が変わらないということです。ですので、その意見に関しては今のところ、おかしいということは一切ありません。ですが先ほど書いた通り、年齢などを考えると私は経験上、全摘出をお勧めいたします。ただし、部分的が悪いというガイドラインなどは存在しませんので、その考えについて何か意見するということはできません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
失礼な質問をしてしまってこめんなさい。
傷の大きさを考えても全摘出術のメリットがよくわかりました。
アドバイスを参考に家族ともよく話し合って決めたいとおもいます。
ただ小さなしこりは反対側にあるので、この場合両方共の乳腺を全摘出することになるんですか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。 ただし、両側の全摘出術は皮膚がかなり突っ張って痛みや癒合不全の原因になりやすいので、片側全摘+部分的にになることが多いです。一気に両側は少し負担が大きいです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
長々と質問におつきあいくださってありがとうございました。明日かかりつけ医と片側全摘出+部分切除の相談をしてみたいとおもいます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、そうしてください。納得できる選択ができるといいですね。お大事にどうぞ。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問