JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

リンパ拡張性腸症に関して。いつもお世話になっております。昨年7月よりリンパ拡張性腸症で治療中です。当初ALBが2.0前後から上らず、10月より別の病院にて高濃度ステロイドで治療し、

解決済みの質問:

リンパ拡張性腸症に関して。いつもお世話になっております。昨年7月よりリンパ拡張性腸症で治療中です。当初ALBが2.0前後から上らず、10月より別の病院にて高濃度ステロイドで治療し、その後ALBが2.5~3.0の間で安定してました。療養食フード(ロイヤルカナン消化器サポート)だけでは数値が改善しなかったので超低脂肪
(ササミ・白米・サツマイモなど)を試し、数値が少し安定したところで少しずつ療養食のフードを足していきました。ステロイドも減らしていき、現在体重2.7kgでプレドニゾロン0.85mg/dayまで減らしてます。また、消化が悪く便が軟便になりくさいので市販の消化酵素のサプリと、ベジタブル酵素を足して食べさせたところ便も安定し、体調もとても良くなりました。さらに鹿肉が高たんぱく・低脂肪だという事で少し鹿肉の生肉をフードにくわえて、便も硬くなり臭いもしなくなったのですが、先日突然ドロドロのくさい便をしました。少し粘膜も付着しており、とても心配になりました。すぐに病院に連れて行けば良いのですが、仕事の都合と病院が遠く、また元気も食欲もあるので特に食べ物は変えず様子を見てます。
せっかくここまで来たのに、再発でしょうか・・・この病気は治らないとは分かっているのですが、一度ステロイドを減らすと、悪化して増量しても今度は効かなくなるとも聞きました。
最近、模様替えをして部屋の移動があったり、近所の家が解体工事などがあり少しストレスかな?とも思いますが、やはり持病があるので、再発かどうか心配です。
①この病気にはやはり低脂肪とは言え、生肉は悪かったのでしょうか?
②再発したと考えて、今後の治療はどうなりますでしょうか?
③再発するよ予後が良くないのでしょうか?
以上よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
まず、再発なのか単なる下痢なのかは文面だけではなんとも言えません。やはり血液検査でアルブミンや炎症の数値を見た上で判断しないと再発なのかはわかりません。それから、生肉が絶対ダメというわけではありませんが、腸内の環境というのは免疫に非常に影響しやすいです。あまり消化のよくなさそうなものはやはり与えないほうが無難です。加熱しておいたほうが安全ではあると思います。もし再発の場合は基本的にはステロイドの再増量になります。
それでまた落ち着いて徐々に減らせる子もいますので、再発したらかなり治りが悪いとか難治生になるとかというわけではないですが、徐々に効きが悪くなる子もいます。
その場合はシクロクポリンなどの他の免疫抑制剤を併用することが多いです。1.2日は様子を見てもいいと思いますので、それで治ってこれば一時的なものであり、再発の可能性は低いと思います。治ってこなければ早めに診てもらってください。再発でなくても腸の状態が悪いのが続くと、再発につながってしまうこともあるので。
質問者: 返答済み 1 年 前.

いつも的確で早々のご回答ありがとうございます。普通の下痢と、粘膜便は原因が違いますでしょうか?この病気の最初の症状が粘膜便でした。

最初は硬いウンチが出て、そのあとドロドロとした便が出ます。明日受診しようと思いますが、今自宅で出来ることはどのような事でしょうか?絶食は必要でしょうか?

あと、ステロイドは0.85mgに減っているにも関わらず、多飲多尿です。また、自分の尿を舐めたりします。こちらは食生活が関係してますでしょうか?よろしくお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
粘血便だから再発とか、胃腸炎とかいうことはありません。
特におうちでは生肉は避けてもらうのと、可能であれば少量頻回のご飯にするくらいでいいと思います。それからステロイドがその量であれば多飲多尿は仕方ないです。
もっと低くても出てしまうこともあり、多飲多尿は比較的簡単個体差が激しいです。
おそらく尿を舐めるのもステロイドの影響を受けだと思われます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
他にご質問はありますか?質問を終了する際には必ず下記の注意事項を守っていただくようご協力お願いいたします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。大変参考になりました。超低脂肪フードですが、かれこれ半年近くになり、栄養不足が心配です。療養食に戻すと、ALBが下がるため、なかなかすすみません。この食事はやはり長く続けては危険でしょうか?続けていくとしたらどの様な事に気をつけたらいいでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
やはりどうしても微量栄養素などの不足が出てきてしまう可能性があるのが一番の問題です。ビタミン剤などの併用が必要になるかもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。やはり、本日の検査でALBが2.4まで下がってました。下痢は治まっていたので、主治医は一過性の下痢で一時的にALBが下がったのか、再燃なのかわからないので、ステロイドは、このままの量で、療養食を増やしてくださいと言われました。やはりr療養食を増やしたほうがアルブミンは上がってくるのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
療法食を増やしたからアルブミンが上がるとは限りません。療法食が多いほうが栄養のバランスは取れますが、アルブミンに関しては、病気が落ち着かないとあがってきません。
とりあえずは今のまま少し様子を見て、アルブミンが上がってこなければやはりステロイドの増量が必要になるでしょう。

犬 についての関連する質問