JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

犬の年齢は10歳に月末になります。犬種はフレンチブルドッグです。食欲あり元気なのですが最近は毎月、皮膚が赤くなり通院

質問者の質問

犬の年齢は10歳に月末になります。犬種はフレンチブルドッグです。食欲あり元気なのですが最近は毎月、皮膚が赤くなり通院しています。1週間ほど飲むと少し改善されますが薬が切れるとまた赤くなります。ここ何ヶ月かは足から足首と目の周りと首が赤く、今日はお腹も赤くなってしまいました。アトピーと判断されたのですが、こんなに頻繁に病院にかからなくてはならないものなのでしょうか?
酷いときは、足が炎症を起こして腫れてしまうこともあります。
長々とすみません。よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。文面のみの判断ではありますが、犬種と症状からは確かにアトピーの可能性が高いです。アトピーは体質ですので、治ったというのはあくまで症状が治まったというだけになってしまいます。 お薬をなしで過ごさせることは根本的なところからやっていかないといけませんが、シャンプーや食事、その他の薬などのお話はありませんでしたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい、現在では食事はアミノペプチドフォーミュラのAnallenrgenicを約一年ほど食べさています。シャンプーはビルバックのエピスースーをつかっているのですが。
質問者: 返答済み 1 年 前.
薬は今回、(2/29)アトピカを抜いて
ビクタスs、プレドニゾロン5mg、マスキン(50,100倍)ブラベクトル錠250mgです
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。 アトピーは最近いくつかの治療法がありますが、難しくなるケースもやはり多いです。今できることとしては1.食事の変更 アミノペプチドもアトピー用ですが、それがみんなに会うというわけではありません。ほかのアレルギー食へ変えるのが一つです。z/dやセレクトプロテインなどいくつかの食事がありますので、それを1,2カ月続けて試してみるのが一つです。2.サプリメントの使用 アトピーは免疫バランスの崩れが原因の一つといわれていますが、ω脂肪酸の入ったようなサプリメントはそのバランスを整えてアトピーを抑えます。3.アトピカやインターフェロンの使用 アトピカは使われているということですね。インターフェロンもある程度の効果を実証されています。4.ステロイドの継続使用 これは一番確実な効果のある方法ではありますが、副作用が心配になります。他の薬や補助療法でよくならな蹴ればできるだけ低用量で継続的に飲んでいくこともあります。 他にもいくつかありますが、今現在効果がありそうなものは以上になります。このあたりを相談してもらい治療していかれる方がいいでしょう。ただし、プレドニゾロンを除いては即効性はないので、どの治療も最低1か月以上続けないと効果はわかりません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
他に質問はありませんか?お手数ですが、質問を終了される際には必ず下記の注意事項を守っていただくようご協力お願いいたします。

犬 についての関連する質問