JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

2歳 柴犬 オスです。 今日のお昼頃から、突然ハンパない悲鳴をあげ、おチンチンの辺りを痛がるようになめたり、気にし

解決済みの質問:

2歳 柴犬 オスです。
今日のお昼頃から、突然ハンパない悲鳴をあげ、おチンチンの辺りを痛がるようになめたり、気にしたりします。そして悲鳴のあと、腕を前に出し、お尻を高く上げてぐぐっと伸びのようなしぐさをします。今までもご飯を食べた直後にたまーになることがあり、獣医に相談しましたが、原因がわからず、様子を見てと言われただけでした。しかし今日は食事に関係なく、寝ていても突然起きて悲鳴をあげ、こちらも見ていてつらいです。ネットで調べても同じような症例が見当たらずとても心配です。お腹が痛いのか実際におチンチンが痛いのも分からないし、三日ほど前から肛門のあたりが赤いのも何か関係があるのか分かりません。考えられる病名または対処方法を教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。 ご質問ありがとうございます。 舐めるのはおちんちんのあたりですよね?おしっこはしっかり出ていますか?また下痢や嘔吐はないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
舐めるのはおチンチンのあたりです。全体的な量はふつうに出てると思いますが、一回にする量が少ないかもしれません…。今日2回ウンチをしましたが、1回目はふつうで、2回目は少し軟便でしたが、それはいつものことです。嘔吐はしていませんが、多少元気がないので、食事量も少なめです。悲鳴の時以外はたいしていつもと変わらない様子です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 まずおちんちんを気にしてそれだけひどい痛みが出る場合は、尿道結石があることが多いです。食事との関係は尿道結石の場合はありませんが、尿道結石では排尿困難により、一回量が減ったり、何度もトイレに行く、おしっこの時間が長いなどの症状が出てくることが多いです。もしいくつか当てはまる場合はその可能性が高いです。尿道炎でも同じような症状が出ることがあります。また、尿道結石とともに腎結石があると食後に胃が膨らんだ時に痛みが出てくる可能性もあります。 その墓には鼠径ヘルニアというのがあり、これは足の付け根(おちんちんの基部あたり)の鼠蹊部といわれる部分に穴があってそこから腹腔内脂肪や腸などが出てくるものです。この場合は食事後に出てきやすかったりしますし、そこが気になっておちんちんをなめるかもしれません。 「腕を前に出し、お尻を高く上げてぐぐっと伸びのようなしぐさ」というのは腹痛の時によく起きる症状です。以上の病気のかかわってもでてきますし、あとは胃腸内異物や膵炎でも起こることがあります。ただし、消化器症状があまりないというのがどうかなと思われる症状です。 他にも可能性のある病気を上げるときりがないですが、年齢と症状からはこれらが疑わしいと思われます。 ですので、まずは腹部のしっかりした触診で鼠径ヘルニアがないかどうか見てもらい、おなかのエコーとレントゲン検査、場合によってはペニスからカテーテルを入れて尿道の異常がないかも見てもらったほうがいいかもしれません。 それでも何も見つからなければCT検査なども必要になるかもしれませんが、上に書いたような異常であれば触診、レントゲン、エコー、カテーテルなど通常の病院で麻酔なしでできる検査でわかることがほとんどです。精神的なものであると正直診断が難しいですが、私は何かの痛みがあると思います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
何か追加の質問は大丈夫ですか?
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
くわしい説明ありがとうございました!
日曜日で病院も休みだったので私も心配していたのですが少し落ち着きました。私も精神的でなく痛みが原因なようにおもいます。明日病院で詳しい検査をしてもらおうと思います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。原因がわかって良くなってくれるといいですね。難しいですが、あまり舐めすぎないようにはさせてあげたほうがいいでしょう。お大事にどうぞ。

犬 についての関連する質問