JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

私(横浜在住)の飼い犬(フレンチブルドック<メス:11歳>が急に食欲不振となり、掛かり付けの動物病院で血液検査をしてもらいました。2月27日現在:PCV31、TP5.0、GOT14

解決済みの質問:

私(横浜在住)の飼い犬(フレンチブルドック<メス:11歳>が急に食欲不振となり、掛かり付けの動物病院で血液検査をしてもらいました。2月27日現在:PCV31、TP5.0、GOT14、GPT121、ALP664、T-bil1.0,WBC15,200,RBC382,HGB10.0,血小板5.9、ク-ムス試験(37.C 陰性<->、4.C陽性64倍)、鉄264、網状赤血球数215,000 等のデ-タから「非再生性免疫介在性貧血」との判断で、27日からステロイド、抗生剤の投与となりました。2週間が山とのことで、3月1日からアトピカ(シクロポスリン)の投与が始まりました。
現在は全く口からの食事を受け付けず、黄疸(茶色の尿)、腹水がたまっております。
主治医はPCVの数値が20未満になったら危ないと言っており、ガンマグロブリンの投与検討しているとのことです。
主治医は掛かり付け医師なので大丈夫と思っておりますがセカンドオピニオンをお聞かせいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
なお犬の体重は、本日現在11.1kgです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご質問ありがとうございます。それは心配ですね。「非再生性免疫介在性貧血」単独の場合、腹水や低たんぱく血症は起こりませんが、そのあたりは何と言われていますか?また、腹水の検査はしていませんか?下痢や嘔吐はありませんか?もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
腹水および低たんぱく血症の原因と「非再生免疫介在性貧血」との説明は受けておりません。腹水は聴診器および触診で判断され検査はしておりません。
昨日までの便は少しやわらかめでしたが本日の便は下痢状態です。
嘔吐は昨日から数回あり、本日嘔吐止めの注射をしてもらいました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 それであれば正直なところ、「非再生性免疫介在性貧血」の診断自体の信頼性を疑います。まず、先ほどあげたように「非再生性免疫介在性貧血」二より腹水が出ることはありません。軽度貧血と再生性が乏しい、クームス試験が陽性であったことから、そういう診断になったのだと思いますが、クームス試験は100%信頼できる検査ではなく偽陽性(免疫介在性溶血性貧血以外で陽性になること)が報告されています。 今「非再生性免疫介在性貧血」の矛盾点としては1、低たんぱく血症2、腹水3、下痢です。腹水は腹腔内出血あるいは腹水が原因になりますが、腹腔内出血は腹腔内腫瘍からの出血もしくは臓器破裂がほとんどで、経過から臓器の破裂が考えられない場合(事故などがない場合)は腫瘍からの出血です。腹腔内出血があると蛋白は低下します。また、腹水は、心不全や低たんぱく血症から起こることが多いですが、蛋白が低いことから低たんぱく血症による腹水が疑われます。 そして、下痢をしているということもあると私はタンパク漏出性腸症を疑います。タンパク漏出性腸症は何らかの原因(免疫介在性や腫瘍など)で腸から蛋白が漏れる病気で、そのために低たんぱく血症から腹水が出ます。同時に栄養失調から軽度の非再生性貧血(30%くらいの子が多いです)が起こることも多いです。腸の病気ですので食欲も落ちます。 ですので、まず初めにやってもらうことは①腹水のチェック お腹から針を刺して腹水を少し抜いて検査します。これで出血か腹水か、腹水であれば炎症か漏出かなどがわかりさらに病気が絞れます。②アルブミンのチェック アルブミンが2.0以下であれば低タンパクによる腹水が強く疑われます。この時点で①②のどちらもがタンパク漏出性腸症が疑われる結果が出れば「非再生性免疫介在性貧血」ではなく、タンパク漏出性腸症の確定診断のために内視鏡検査をするか、もしくは試験的治療をしていくことになります。 それから、黄疸や茶褐色の色の尿というのが、実はどちらにもあまり当てはまらない症状ではあるので、他にも何か隠れている可能性があるとは思います。通常の「溶血性貧血」では黄疸や溶血から茶褐色の尿が出ますが、「非再生性免疫介在性貧血」では骨髄の中で赤血球が壊されるため通常黄疸は出ません。ですので、これは別に腎臓のダメージや膀胱炎、膀胱腫瘍などが同時に起きている可能性もあるので、尿検査や腎臓、膀胱のエコー検査が必要になります。 とにかく今の診断は矛盾がありますので、まずはもう少ししっかり検査をしてもらうべきと考えます。今の病院でやってもらうのもいいですが、もしやらないならセカンドオピニオンでほかの病院で必ず検査してもらってください。腹水検査、アルブミン検査、尿検査、エコー検査すべて負担はかなり少ないですし、簡単で費用もそれほど高額なものではないので、やらない理由はありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
度々の回答ありがとうございます。
腹水の検査はしてもらおうと思っておりますが、貧血はどうして起こっているのでしょうか。
食欲不振の改善はどのようにすればよいのでしょうか。
また現在投与されている薬はこのままでよいのでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
貧血は栄養状態の悪化や慢性炎症などによむて、それくらいの数値なら重度な疾病があれば出てきます。食欲不振や薬に関してはしっかり診断した上でそれに合った治療を選ぶしかありませんので、まずはしっかり診断をつけてもらわないとなんとも言えません。明日には追加の検査をしてもらってください。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
残念ながら本日(3月3日<木>)9:00に死亡いたしました。
いろいろとご教示ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうでしたか。。お辛い中ご報告ありがとうございます。ご冥福お祈りいたします。お力になれず申し訳ありません。

犬 についての関連する質問