JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます。 説明不足な点はあるかもしれませんがよろしくお願いします。 現在我が家には16歳5

解決済みの質問:

初めて質問させていただきます。
説明不足な点はあるかもしれませんがよろしくお願いします。
現在我が家には16歳5ヶ月のシーズーがいます。
先週の土曜日夕飯時に食事を喉につまらせ、呼吸がしにくくなったため病院に連れて行きました。長年お世話になっている先生に診てもらい、このくらいの呼吸だったらもう少し様子を見ましょうと言われその日は帰宅。しかし、体調が回復せず、つまらせてから食事や水分を摂れなくなったため日曜に再度病院に行き、補液と気管の炎症を抑えるためのデオメドロールの注射をし一時帰宅。夜に呼吸状態悪化のため再度病院に行きそのまま入院。2泊して、少し動ける元気がでてきたから家で療養してみようということで現在は家にいます。
今回体調不良になってからの医療処置内容
・脱水予防のための補液
・気管炎症改善のためのデオメドロール注射(以前から何度か咳が続くときに実施)
・肺の状態をみるための胸部レントゲン撮影(著明な病変はみらせないとのこと)
以下の2点は違う病院での医療処置内容
・採血(炎症反応が明らかにみられるとのこと)
・抗生剤注射
・頭部レントゲン撮影
現在の状態
詰まってるような咳症状は見られません。しかし、月曜に粘稠性のある緑色の鼻水がでたあとから鼻で呼吸ができなくなりずっと口呼吸が続いています。本人も苦しいようで、ほとんど眠れていなく食事・水分もほとんど受け付けてくれません。いつもの先生に何度か相談するのですが、入院していたときは眠れていたし鼻水がでてきたら拭いてあげてといわれるだけです。月曜以来鼻水はでておらず奥でつまっている感じがつづいています。
他の先生に診てもらったら物理的に除去しないと難しいと言われ、内視鏡での処置を薦められました。しかし、高齢なため麻酔は極力使いたくないのと、実施できる病院が遠方で現地まで本人の体力が持つか不安で決断ができずにいます。
なんとか鼻のつまりを取ってあげたく質問させていただきました。
説明内容が足りないところがあると思いますが回答おねがいします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。 ご質問ありがとうございます。 もう少し説明をお願いします。1.物理的に除去しないと....というのは何かどこかに詰まっているということでしょうか?どこにどんなものが詰まっている可能性があるとか、その根拠となる検査などを教えてください。 2.ほかに原因がある可能性は言われていませんか?もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご飯を食べている最中につまり、その後に鼻つまりが発生しているので何かが詰まっているのではないかとの事でした。
頭のレントゲンを取った際に明らかな異物は見られなかったので、根拠となる検査はよくわかっていません。
原因について詰まっているもの以外では特に言われてはいません。
高齢なので積極的にいろいろ処置をするのはできにくいといわれているくらいです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。 返信ありがとうございます。 確かに鼻の中の異物は確定診断などは難しいですね。内視鏡検査はできる部分が限られているので、正直、内視鏡をしてももしかすると何もできないという可能性もあります。鼻の奥の方の細い部分であれば内視鏡は届きませんので。その場合は、とにかく抗生剤と消炎剤で炎症をおこさえつつ、異物(ご飯を食べている最中であったのであればご飯の一部だと思いますが)が徐々に溶けていってくれるのを祈ることになるかと思います。 どちらがいいのかはどんなものがどこに詰まっているのかによって変わってきますが、それを検査するのはなかなか難しいです。内科的にできる限りの方法を取ってそれでも難しい場合に関してはやはり内視鏡での処置しかないと思います。内科的にできるのは、
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、途中で行ってしまったようです。内科的にできるのはその異物が出ていくか溶けてくれるのを待つための補助的な方法のみになってしまいます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
説明ありがとうございます。
内視鏡をしてもわからないんじゃないかという不安はあります。
なんとか体力を付けるために眠ってもらうことは鼻つまりが解消されない限り難しいのでしょうか。
現在は主治医の判断では補液を実施しつつ、大人しくなってくれたら吸引を実施する予定であるようです。
まだ、顔を触られるのが嫌な素振りをしているため、難しいようです。このまま、食事が摂れない状況でいて身体がもってくれるのか心配でなりません。
鼻通りをよくする内科的治療は無いのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
内科的療法は先ほど言った通り、抗生剤と消炎剤です。消炎剤は比較的効いてくれることもあるので、やる価値はあるでしょう。他にネブライザーを使う方法もあります。 確かに体力が落ちてしまうのが一番怖いですね。最近では酸素室のレンタルもやっており、酸素室に入ると呼吸が苦しくても楽になるので、酸素室レンタルをしてもらうのも一つです。こちらのテルコムという会社がやっています。 これらの治療はどの程度効くかはわかりませんが、とにかく可能性がある治療を試してみる方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
他で診てもらった先生が消炎剤を提案してくれたのですが、眠りはしても鼻が詰まった状態だと呼吸が止まる危険性があると言われ怖くてできませんでした。
酸素も鼻つまりだと効果はあまりないだろうと言われてしまいました。
ネブライザーは鼻にシュッとするやつでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おそらく、それは消炎剤ではなく、鎮静剤だと思います。異物が詰まっているだけでなく、異物があるせいで鼻の粘膜が腫れたり分泌物が詰まっている可能性があるので、ステロイドなどの消炎剤で腫れをひかせたり、分泌物を抑えることはメリットになると思います。消炎剤で眠たくなるということは動物ではありません。 それから、酸素は特に病気を同行するというものではないですが、呼吸を楽にしてくれるのは間違いないです。空気を吸うのが難しい場合、20%の酸素を吸うのと、40%の酸素を吸うのでは、同じ分だけしか吸えないのであれば40%のほうが楽なのは間違いないです。呼吸困難の際に酸素吸入をするのと同じ原理です。 ネブライザーは空気に薬を混ぜてそれを鼻から吸わせる方法です。人では耳鼻科でマスクをつけて吸いますが、ワンちゃんではそれを嫌がるので、通常病院で酸素室の中に薬を混ぜた蒸気を入れて吸わせます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
いろいろ説明していただきありがとうございます。
このまま、時が経つのを待つのはきびしいので提案して頂いた中から選択して主治医と再度相談してみます。
参考にしたいのでお伺いさせていただきますが、上記に説明していただいた内容で治療の優先順位をつけるならどのようにするのがよいか、お聞かせ願えますでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
わたしは消炎剤酸素ネブライザーの順です。理由は消炎剤は一番効果が見られる可能性がたかく、ネブライザーは嫌がる子も多くまた、病院でないとできないこと、全身が水蒸気で濡れてしまうことなどデメリットもあるということです。酸素はある程度の効果はかなりの確率で期待できますが、入っているからよくなるというよりは時間稼ぎのみになってしまうということです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
いろいろありがとうございました。
参考にして検討したいと思います。
最後に一つお伺いしたいのですが、現段階で吸引をして効果が期待できると思いますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ある程度はできると思います。ただし、中には閉じ込められて水蒸気が出てくることに興奮してしまって逆効果のこともあるので注意してやる必要があるでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
すいません。聞き方が悪かったです。
鼻に管を入れて中の鼻水を吸引するほうです。主治医が状態によって実施してくれると言ってくれてるので、どのくらい効果が期待できるのか知りたくて。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
可能性はあると思います。どれくらいというのは難しいですが。。。まずは私はリスクの少ない内科的にできることをしてもらうのが一番かと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
吸引はリスクが高いのですか
出血や呼吸状態の悪化が懸念されるからですか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
暴れて呼吸困難を起こすとか、出血するなどのリスクはあります。それよりは内科的なもののほうがリスクは少ないですし、私には消炎剤を使わない理由がわかりません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
主治医とよく相談してみます。また、お伺いするかもしれませんがよろしくお願いします。
今回の回答ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、いい方向に行くといいですね・お大事にしてください。また何かあればご質問ください。

犬 についての関連する質問