JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

早速ですが質問させていただきます。 説明不足な点も多々あると思いますが、おわかりになる範囲でアドバイスをいただけれ

解決済みの質問:

早速ですが質問させていただきます。
説明不足な点も多々あると思いますが、おわかりになる範囲でアドバイスをいただければと思います。
我が家には12歳になるMブルテリアがいます。
〇4歳の時に、右後脚の骨折の為、手術にてプレートが入っています。
〇我が家に来てから、アレルギーの脱毛などには常にあります(重症というわけではなくよく見ると足の先や尻尾の一部に少し剥げがある程度で最近は気にしていません)
---------- 症状 ----------
〇先週あたりから、食欲がなく、食べたり食べなかったりを繰り返す。(食べてもガツガツ食べる感じではなく、食べない時は全く食べない)
〇散歩に出てもほとんど歩かない。(うんちとおしっこはします)
この為、2/24(水)に掛かりつけの獣医に連れて行く。
---------- 獣医 ----------
〇採血したら、ものすごい貧血。(赤血球が減り白血球が異常に増えている)(顔や口の周りは真っ白。しかし脚の先や肛門周りはそれほど白くない)
〇腎機能が弱っている。
〇おなかがものすごく張っている。(水か血液の可能性がある)
〇ブルブル震えているので、どこかに相当な痛みを感じている。
〇右後脚にナックリングに症状がみられる。
獣医には2回行って、そこの獣医にある一番強い痛みどめを使ってもあまり効果がなかったり、色々診察の結果、
〇ヘルニアではない気がする。それよりも右後脚までの神経のどこかに腫瘍ができているのかも。
〇もしおなかに血がたまっているのだとしたら、脾臓に腫瘍ができていてそれが破裂しているのではないか。(貧血の具合から)
〇何か1つが原因で様々な症状が出ているのか、同時多発的に色々な症状が出ているのかわからない。
〇1日1日急速に悪くなってる。このままだと長くとも来月まではもたないだろう。
いずれにしろ、もううちでは診察できる範疇を超えてるので、高度医療センターを紹介しますと言われました。
そこでMRIやCTを撮れば対処ができるのではないかと言われました。
私も当然、治してあげたいですし原因も知りたいと思いますが、犬の年齢を考えると
検査治療の為に全身麻酔、1週間以上の入院、そして治療。犬の体力がもつのか。完全に治るのか。など考えてもしかたのないことなのかもしれませんが悩んでいます。
これは個人的な意見ですが、色々したけど数か月命が伸びただけ。むしろ短くとも、掛かりつけの獣医で死ぬまで麻酔だけを打ちつづけて、家で過ごした方がいいのではないかとか。
たぶんこの文章だけで、判断はとてもできないでしょうし、最後は飼い主がどうしたのかだということもわかっているつもりです。それでもやはり、どちらの判断がいいのか未だに迷っています。
そのあたりを踏まえたうえで、背中を押していただけるアドバイスなどいただけると助かります。ちなみに判断のリミットは2/26(金)の夕方です。それくらい切羽つまっています。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
質問者: 返答済み 1 年 前.
セカンドオピニオンでれなアドバイスをいただけたらと思っております。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。ご質問ありがとうございます。 まず、今の状態では、負担がそれほど大きくなく、麻酔もしないでできる検査をしておりません。すくなくとも、エコー検査と腹水検査によって、出血なのか腹水なのか、どこかに腫瘍がありそうなのかということはわかることがほとんどです。脾臓の腫瘍であれば、取って仕舞えばそれで完治というケースも多いです。まずはそのあたりのできる検査によってもう少しあたりをつけていくべきと思いますが、なぜそういった検査をしないかとかは聞いてきますか?かなり暴れて危険などはありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
犬は暴れることはありません。だだじっと痛みを堪えてる感じです。
腹水なのか、血液なのかは、針をさせばわかるのではと、聞いたのですが、それができるのは次の対応ができる病院だけです。と言われました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
エコーはやっていただきました。それで、何かしらの液体が入っていると言われました。もう一度エコーをお願いした方がいいでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 まず針を刺して腹水を見る検査はよほど暴れる子でなければ安全な検査です。腫瘍や臓器に針を刺すとなると出血のリスクがありますが腹壁に刺すだけであればそういったリクスはありません。腹水か血液かというのは今後の検査や予後を含めてかなり重要なことです。今の病院ではエコーも含めた技術が不十分な可能性が高いと思われます。 夕方一番に見てもらえる他の病院で再検査してもらったほうがいいでしょう。その結果で、腹水などであれば、内科的な治療のみで大学へ行かなくてもいいこともありますし、脾臓であれば一般病院で手術で完治できることもあります。予後不良の可能性が高い場合は残念ですがお家で残りの日々をゆっくり過ごすというのも1つになります。 もちろん他の病院に行ったからといって全てがわかるわけでは無いですが、腹水の検査は少なくともできるところが多いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうござます。
しかし問題はお腹だけではなく、右後脚のナックリングもあります。これは偶然同時期におきたものなのか、お腹と何か関係があるのかとかの問題もあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
何度も追記すみません。ちなみに現在は顔の赤みが少し戻って、水を飲みに行くくらいは、立てるようになりました。これが、治ってきてる状態なのか、2日続けて打った強い痛み止めのおかげなのかは、わかりませんが、少なくとも痛み止めを打ったのは、昨日の19時頃なので、もう効果はないと思うのですが。あと、オシッコとうんちは、普通に出ます。色や匂いもどちらも、とくに普通です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
難しいところですね。もし関係があるとすれば、お腹の腫瘍が脳や脊髄に転移をしたとか、血栓が脳や脊髄に詰まったなどの可能性があると思います。ナックリング自体の原因がお腹に影響を及ぼすことは無いです。関係なく、もともとヘルニアがあったが軽いもので、調子が悪くなって足の方も症状がでてきたという可能性はあります。痛み止めはおそらくステロイドだと思いますが、ステロイドは単に痛みどめとしてだけでなく、消炎作用から腫瘍を抑えたり、出血を減らしたりすることもありますので、少し調子が戻っている可能性はあるかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうござます。そうです。ステロイドだと思います。獣医さんによると、昨日の時点で、悪化の一途を、辿っていたので、ステロイドでここまで、効果がないということは、癌の可能性は少ないかもとも言われてました。今日、かかりつけの獣医にもう一度行って(その時、うんちも持って行きます。オシッコは昨日持って行ってとくに異常はないと言われました)。腹水の検査をしてもらえる別の病院を、探して明日行ってみようかと考えていますが、今の時点でそれが、ベターな判断でしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、それでいいと思います。まずは負担が少なくてもできる検査をしっかりした上で方向を判断されるのがいいかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうござます。もう少しもがいてみようと思います。ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
セカンドオピニオンでれなアドバイスをいただけたらと思っております。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
お手数ですが、ご質問を終了される際は必ず下の注意事項を守っていただくようご協力お願いいたします。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問