JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

夜分に申し訳ありません。岡山県から2月の16日に来た45日令のプードルに奮線虫がいました。17日に分かったため、獣医師が

解決済みの質問:

夜分に申し訳ありません。岡山県から2月の16日に来た45日令のプードルに奮線虫がいました。17日に分かったため、獣医師がイベルメクチン1.0% 子犬体重 700g キロ当たり0.03ミリ注射しました。症状はふつうの検便ではなく、集卵?検査で見つかりました。もう一件の獣医師にはドノンタールプラスを経口投与と言われましたが切れ味が悪いような気がします。親犬にはイベルメクチン(アイボメック)1,0%同じくパーキロ0,03ミリ前頭に注射しています。ただ犬が非常に痛がり、神経症状が数分継続するため可愛そうなので個人輸入でイベルメクチン(ストロメクトールゼネリック)3mg、8錠届きました。おもに疥癬が出た時から親犬に注射していますが、ダメージが低いのであれば経口薬に切り替ええたいのですが1キロのワンちゃんにどれぐらい与えたり、3キロ、5キロのワンちゃんどれぐらい与えたり量的なものが比較的不明です。疥癬対策としてどれぐらいの頻度、注射を含め頻度的なものもわかればお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようざいます。ご質問ありがとうございます。糞線虫に関してなのか、疥癬に関してかどちらに関して聞きたいのですか?
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご連絡ありがとうございます。疥癬につきましては5年ぐらい前、大阪のブリーダーさんから母犬を10頭ぐらい入れた時に、疥癬がしゅんじゅんしました。レボリューションで対応しいましたが、アイボメックの注射に切り替えました。その後落ち着いています。
疥癬、奮線虫 両方 経口薬について与える量、頻度を教えてください。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
今お電話いたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
質問のご回答お願い致します。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、今お電話しましたが、つながりません。拒否設定とかはされていませんか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
非通知拒否はしていません。09059816088までお電話頂ければ幸いです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
今お電話いたします。

犬 についての関連する質問