JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13才のアメリカンコッカーの雌が突然、口と鼻から出血し、その3日後、元気が無くなり、動物病院に連れていくと、腎臓の数値が良くないとのことで即入院ということになりました。 それから

解決済みの質問:

13才のアメリカンコッカーの雌が突然、口と鼻から出血し、その3日後、元気が無くなり、動物病院に連れていくと、腎臓の数値が良くないとのことで即入院ということになりました。
それから、点滴処置などしていただきましたが、回復することもなく10日後なくなりました。
病院の先生は、出血と腎臓の数値は、関係ないと言われましたが、今まで、受けた血液検査などでは、全く腎臓の数値のことは言われたこともなかったのと、普段の生活の中でもそのような症状も、思い当たることがないので もしかしたらとレプトスピラ症を疑っています。
もちろんワクチンは1年に1回は必ず打っていました。死因をはっきりさせるにはどうしたら良いでしょうか?死因がはっきりしたところでうちの子は戻って来ませんが他にもまだ3匹いるので心配になりました。うちの子は、あまり外にでないのですが、その頃知人の犬を預かったこともあり、この子の死因がはっきりわからないと今までかかりつけだった先生にも安心してお願いできなくなるのでぜひ教えていただきたくよろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。まずはご冥福をお祈りしています。まず、人と同じで解剖をしないと確実な死因はわかりませんので、ここで何か病気を断定することはできません。そのうえで、1、ワクチンは何種のワクチンですか?2、具体的に数値がわかれば教えてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のお返事ありがとうございます。
ワクチンは、11種です。
数値は、どの値をお知らせしたら、よろしいでしょうか?
検査結果の用紙が勤務先にあるのです、詳細を明日 ご連絡します。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、そうしてください。できればすべて教えていただけるとありがたいですが、最低限白血球や赤血球、血小板数と肝臓、腎臓の数値は知りたいです。それから可能であれば、それ以外にレントゲンやエコー検査の結果も教えていただきたいです。文面のみで病気の可能性を考えることになりますので、できるだけ詳細な情報がいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お世話になります。血液検査の結果ですが 入院時の値が、白血球20230/赤血球302/血小板46.6、異常値を示すものは、ヘモグロビン7.7↓/赤血球容積23.8↓/網状赤血球指数3.96↑/平均赤血球容積79.1↑/平均赤血球血色素量25.5↑/好中球16390↑/血中アンモニア97↑血液色素窒素125.2↑/クレアチニン2.8↑/アラニンアミノトランスフェラーゼ85↑/アスパラギン酸アミノトランスファーゼ59↑/アルカリフォスファターゼ3500↑/ガンマグルタミルトランスフェラーゼ16↑/リパーゼ1000↑/リン15.0↑/カリウム7.3↑/反応性蛋白濃度7.0↑です。
4日後に再度検査のときは、白血球10430/赤血球292/血小板74.9 異常を示すものは、ヘモグロビン量7.3↓/平均赤血球ヘモグロビン濃度29.7↓/血液尿素窒素73.0↑/クレアチニン1.5↑/アラニンアミノトランスフェラーゼ80↑/アスパラギン酸アミノトランスファーゼ58↑/アルカリフォスファターゼ3500↑/リン11.3↑/ナトリウム155↑/カリウム8.4↑/クロール123↑/反応性蛋白濃度7.0↑です。
レントゲンやエコーでは特に異常が認められなかったため見せてもらうことはできませんでした。
よろしくお願いします。
まだ、火葬してませんので、調べてもらえるところがあれば、合わせて教えて頂きたいです。亡くなったのは昨日です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。今出先ですので1.2時間後に返信させていただきます。ちなみにまだ血液などは残っているのでしょうか?また、必要であれば解剖の検査などを依頼されるつもりはおありでしょうか?人と違い、解剖を専門にやっている病院はありませんが、今の病院に頼んだり、こういった検査機関http://no-boundaries.jp/no-boundaries_brochure_8P.pdfに依頼する方法もありますが。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
血液などは、動物病院の方に聞いてみないと分かりませんが、先生の意見を聞いて、少しは疑いがあるようでしたら、解剖の検査も含めて考えようと思っているのですが・・
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
かしこまりました。 もう一つだけお願いします。 血小板はあまり異常がないのですが、出血の原因として血液凝固能の検査はしていないでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
まず先にお話いたします。 検査結果からは出血を起こすような病気との関連性は確かに不明です。ただし、一番大きな異常は高カリウム血症です。これだけ高い状態が続けば付箋脈からいつ亡くなってもおかしくはありません(カリウムが8を超えている状態はかなり危険で緊急的な状態です)。ですので、高カリウム血症を起こす原因を探っていく必要があります。ワンちゃんで高カリウム血症を起こすことが多いのは、急性腎不全と副腎皮質機能低下症です。急性腎不全は中毒や尿管結石、急性腎炎、重度の脱水で怒ります。レプトスピラも原因の一つになります。ただし、11種のワクチンを打たれていますし、外にもあまり行かない(レプトスピラは野ネズミさんがいたり、沼のような場所に多いといわれており、通常の日常生活には少ないです。また、知人のワンちゃんも症状がなければ菌を持っていた可能性というのはかなり低いでしょう)のであれば可能性は低いと思われます。可能性はゼロではないですが。 それから副腎皮質機能亢進症(アジソン病)は、カリウムが上がる代表的な病気であり、ストレスがかかった時に急激に出てきます。典型的には高カリウム血症と低ナトリウム血漿であり、それには当てはまりませんが、高ナトリウムは必須ではなく、可能性としては十分あるでしょう。アジソン病でも腎臓の数値は上がりますし、腎臓の数値がある程度下がってもカリウムが下がって来ないというのがアジソン病を疑わせます(腎不全では通常は腎臓の数値とともにカリウムも下がります)。 ですので、もし行うとすれば、1.血中の副腎皮質ホルモンの測定 アジソン病の検査です。本来はACTH刺激試験といってホルモンを放出させる刺激をしてその反応を見る検査ですが、それをしなくてもあまりに数値が低ければ可能性が高くなります。 これは血液があれば行えます。2.解剖検査 腎臓と副腎の病理検査をするとそのあたりでわかることがある可能性があります。3.血中のレプトスピラ抗体検査 血液があればモノリスという検査会社がしています。4.鼻の奥の解剖検査もしくは死後CT 先ほど書いた通り、出血にかかわる原因が不明ですので、鼻の奥に腫瘍などがないかどうかのチェックです。 以上が今できる検査になります。ただし、それをしても不明になることも少なくないので(ワンちゃんの死後解剖のデータは人に比べ圧倒的に少ないです)、それを理解したうえでどこまでするのかを考えてみてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
血液凝固能の数値は空白なので、おそらくしていないと思われます。
レプトスピラ症は、症状がでないことも結構あるということを聞いたことがあったので、うちの子がたまたま症状が出てしまったのかと疑っていました。
ちなみにアジソン病は、慢性の場合寿命はどのくらいなのでしょうか?一緒に生活していても気付いてあげれないものなのでしょうか?
レプトスピラ症の可能性が薄いということと、検査に出しても不明が多いということを考えると少し考えてしまいます。
後は、動物病院が適切な治療をして頂けていれば、とりあえず今いる子の、レプトスピラ抗体検査をしてみようと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ちなみにアジソン病と慢性腎不全の治療方法は違うのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。レプトスピラ症は、届出伝染病という指定された感染症であり、そのあたりに普通にあるようなものではないですが、今のいる子のレプトスピラ抗体の測定はやってもらっていいと思います。 それから、アジソン病は、ホルモンを外から補充するために薬を飲んでいればかなり長生きできます。あまり寿命は変わらないのではないかと思います。ただし、この病気は発券するのが難しく(症状が出にくいもしくは非常に非特異的な病気です)、ストレスによって急激に症状が出てなくなってしまうということも多いです。アジソン病と腎不全の治療は近いですが(アジソン病から腎不全が引き起こされることも多いので)、アジソン病であれば、不足している副腎皮質ホルモンを補充してあげないと、よくなってきません。ですので、腎不全の治療をしつつホルモンを補充します。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
後は、動物病院の方に直接アジソン病の疑いがなかったのかどうなのか納得いく説明を、求めてみようと思います。
大変、勉強になりました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、ご質問ありがとうございました。

犬 についての関連する質問