JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

犬の僧帽弁閉鎖不全症の左心室での代償機構の機序を教えて下さい。

解決済みの質問:

犬の僧帽弁閉鎖不全症の左心室での代償機構の機序を教えて下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。 ご質問ありがとうございます。 具体的に何の機能の代償機能についてお聞きになりたいですか?もう少し具体的にお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
用量負荷にたいして左室拡張や心筋肥大といった遠心性肥大がおこり、拍出量の低下を防ぐ。
また左室拡張末期容積、径が増加し、多くの血液を溜め込む。
上記のような説明で大丈夫でしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
かしこまりました。ある程度の知識がおありという前提でお話させていただきます。まず、僧房弁閉鎖不全症では左心室から左心房への逆流が起きるため、左心室ではなく左心房への用量負荷がかかります。それにより左心房拡大がおこります。同時に全身への心拍出量は低下しますので(左心室から左心房へ逆流した分、全身へ行くべき血流は低下します)、心拍出量が若干低下します。そうすると腎臓の圧受容器が低血圧へ反応して、RAA系が活発になります。そうしてRAA系が活発になることで心筋のリモデリングが起き、心筋肥大が起こります。まず一つ目への解答はこれになります。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そして、その病態が進んでくると、RAA系などによる細動脈収縮(±右心機能低下による全身のうっ血)などから全身の高血圧症を引き起こすと、左心室へ前負荷がかかり、左心室から全身へ血液を送り出すのが困難になってきます。これにより、左心室への血液のうっ滞を起こし、拡張末期径が増加します。 もし追加で聞きたいことがあれば返信お願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
一つ目了解しました。
二つ目よろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ごめんなさい。少し間違えた表現になっていました。2つ目の説明は収縮期末期径の方ですね。前負荷の増加は肺高血圧や砂防拡大に伴うもので、それが増加すると左心室への血液流入量が増加するために左室拡張末期径が増加します。失礼いたしました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
心室リモデリングがおこるとコンプライアンスが低下し、左室の拡張と収縮能が低下し、拍出量が減り、左心系が拡張する。
という説明はあっていますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
前足と同の付け根の部分が毛が抜けて皮膚が露出して水分、うみ?が染み出ている。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問