JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

愛犬が慢性膵炎から膵外分泌不全になり、その後、特発性多発性関節炎を患い、CRP値が4.6だっため、現在ステロイドで治療し

解決済みの質問:

愛犬が慢性膵炎から膵外分泌不全になり、その後、特発性多発性関節炎を患い、CRP値が4.6だっため、現在ステロイドで治療しています。その他には甲状腺ホルモン剤と消化酵素が処方されています。また、食事は療法食で、栄養補給のためクリルオイル(EPA、DHA)、ビタミンB群、ビタミンC、プロバイオティクスを与えています。関節のためにグルコサミン・MSM・コンドロイチンのサプリも与えようと思っているのですが、いろいろと調べるとグルコサミンの摂取は糖尿病を引き起こす可能性があるとあったので、与えるべきかどうか悩んでいます。検討しているサプリの原材料は以下なのですが、与えても問題ないでしょうか?グルコサミン硫酸塩、コンドロイチン硫酸塩、MSM、ステアリン酸、セルロース、シリカ、ステアリン酸マグネシウム、コーティング
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。ご質問ありがとうございます。それは大変ですね。 まず、ひとえに関節と言っても、慢性的な関節疾患と多発性関節炎では病態がかなり異なります。多発性関節炎では免疫が今現在もかなり活発になりすぎて関節に炎症を起こしてしまうものであり、慢性的な関節疾患(変性性関節症など)では関節軟骨などが減ってきて痛みが起こるものです。ですので多発性関節炎の今の時期にサプリメントを与える今はあまりありません。むしろ、多発性関節炎は免疫疾患ですのであまり新しいものを与えてアレルギー反応を出してしまうと悪化してしまう可能性があります。 ですので、今はとにかくステロイドで抑えていくことをお勧めします。特に慢性膵炎でグルコサミンなどが良くないということは聞いたことがないので、CRPが正常まで落ちたら飲ませても問題ないと思います。ただし、もともと消化が悪いので下痢や嘔吐などが万一出てしまう場合はやめたほうがいいでしょう。その辺りに注意をして与えてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答有難うございます。グルコサミン・MSM・コンドロイチンではなく、MSMだけのサプリでも効果はありませんでしょうか?
MSMはリウマチや関節炎の鎮痛作用、抗炎症作用があるとありました。
原材料はMSM(純度99%メチルスルフォニルメタン)、ステアリン酸マグネシウム、硫酸カルシウム、ゼラチン、水です。ステロイドだけではCRPがなかなか正常値にならず、ステロイドの副作用も心配なので、少しでも炎症を下げたいと思っています。よろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。確かにそれらのものには関節炎の消炎作用があるにはありますね。私は個人的には急性期の関節炎にはそれらのサプリメントのメリットが薄いとは思っておりますが(サプリメントには即効性がないこと、免疫介在性疾患に対する新規物質の投与のデメリットなど)、すでにステロイドを使って1週間くらい経っていても効果が出てこないのであれば使ってもらってもいいと思いますよ。 ただし、使う前と、使って1週間程度のうちは様子をしっかり比べて調子がかえって悪そうならやめたほうがいいと思います。うまく効いてくれるといいですね。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答有難うございます。ステロイドについては関節炎と診断されてから約4ヵ月投与しています。診断最初はCRP値は6~7でしたが、最初の1週間は1mg/kg、次の2週間は0.5mg/kgを毎日投与し、その段階でCRP値は3.8まで下がりました。
その後、0.5mg/kgの隔日投与を1ヶ月ほどしたのですがCRP値が6~7に戻ってしまい、現在は0.5mg/kgを2日連続投与して1日休薬にしているのですが、CRP値は下がりませんでした。副腎皮質ホルモンの分泌にはパンテトン酸とビタミンCが有効とネットに書いてあったので、今月初旬からビタミンB群とビタミンCを与えるようにしてから、たまたまなのか前回の血液検査でCRP値が4.6に下がりました。立ち上がり時によろけたり、足をあげて歩くのもなくなりました。ただ、ステロイドの副作用なのか偽甲状腺機能低下症になり鼻の周りが脱毛してきています。かかりつけの獣医もサプリの効果には否定的なのですが、少しでも効果があればと思い、藁にもすがる思いで相談させて頂きました。仰るように様子を見て調子が悪くなるようであればやめるようにします。もしかしたら、ビタミンの効果でもっとCRPが下がるかもしれませんので・・・
いろいろと有難うございました。また何かありましたらご相談させて頂きたいです。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうでしたか。それであれば試してみてもいいと思いますよ。難治性の関節炎はなかなか厄介になるケースがあります。その場合はいろいろ試してみてどれが合うのか試してみるのもいいと思います。うまくいくことをお祈りしています。お大事にどうぞ。

犬 についての関連する質問