JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

シーズー14歳、昨年、左目を網膜剥離で失明して、その時に右目をレーザー治療。今年に入り、左目が緑内障、白内障にて炎症

解決済みの質問:

シーズー14歳、昨年、左目を網膜剥離で失明して、その時に右目をレーザー治療。今年に入り、左目が緑内障、白内障にて炎症を起こし1月末に義眼手術。
抜糸も終わらないうちに、右目が網膜剥離。
完全に失明しました。
歳を考え、全身麻酔の手術で、網膜剥離の手術をした方が良いのか悩んでいます。
現在は、酷く怯えてはいるものの、水を飲む、オシッコをするは、ゆっくり、ぶつかりながらでも出来る。
今更、嫌いな病院でまた入院はかなりのストレス。
それに、数回の全身麻酔。
盲目のストレスと、入院手術のストレスどちらが良いのか?
宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
何区ですか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。今の病院では手術で完治する程度の網膜剥離といわれていますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
また心臓や腎臓などの内臓の状態は今のところすべて健康ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
75%の確率にて、成功。
犬の眼科医に通院しています。前回の術前検査にて、初期の心臓病と言われました。腎臓は今のところ大丈夫ですが、胆嚢が悪く、薬を服用しています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。それは悩むところですね。まず初めに、実際に診察をしていなく、ワンちゃんの性格や飼い主さんの性格などを知らない状態でどちらがいいということは言えませんので、ここではあくまでどのようなメリットデメリットがあるのかをお話しさせていただき、それを踏まえたうえで、飼い主様と主治医の先生でもう一度相談してもらうようにしてください。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
まず、やはり手術のメリットは眼が見えるようになることは言うまでもありません。ただし、100%成功するものではなく、75%ということですので、1/4は手術をしても見えるようにならないということです。また両目に発症したとなると、高血圧などの原因がある可能性が高く、再発するリスクも低くはないでしょう。それから、次に目が見えないことに関してですが、やはり急に見えなくなることで、怖がるようになる子が多いです。これは自分がそうなったらと考えてもらえばわかると思います。ワンちゃんは視覚に頼る部分が人に比べ少なく、人に比べれば適応しやすいといわれていますが、やはり急に見えなくなった場合は適応が難しくなることが多いです。ただし、引っ越しや模様替えなどをしなければだんだん家具の配置などを間隔で覚えて適応してくれることが多いです。外は難しいので、もし散歩がとても好きな子であれば、目が見えないことでその楽しみはかなり減ってしまいます。それ以外には、やはり全身麻酔のリスクと入院のストレスです。全身麻酔のリスクには年齢よりも心臓や腎臓の状態が重要です。初期の心不全と胆のうが悪いということくらいであればおそらく麻酔のリスクはかなり低いでしょう。ただし、麻酔のリスクがゼロになるというわけではなく、また、術後に心不全がひどくなったり、胆のうの数値が悪化したり、潜在していた腎臓病が顕在化してしまうリスクは多少あります。入院のストレスはかなりひどい子の場合は、麻酔のリスクよりも怖いです。ストレスでずっと吠えていて熱中症のような状態になってしまったり、点滴を噛みちぎって飲み込んでしまったり、ケージをかじって歯が折れてしまったりすることもあります。また、興奮が続くと心臓にも悪く、悪化する可能性もあります。以上が様々なメリット、デメリットになります。シーズーちゃんの平均寿命は現在薬16,7歳くらいといわれており(心臓が悪くないのであればもう少し長生きルス子も多いですが)、今後の寿命は平均的には2,3年くらいということになります。長ければ6,7年生きることもあります。これは実際に年月が経ってみないとわかりません。ですので、そのくらいの年月を目が見えて生活する方がいいのか、目が見えなくても手術のリスクや入院のストレスをなしにして過ごさせてあげるのかを考えてもらうしかないでしょう。眼が見えないストレスに関してはもちろん目が見える子に比べればありますが、慣れてくれる子は多いです。最後に私がそうならどうするかに関してはやはりその子の全身状態と性格、外の散歩がどれくらい好きかということによります。特に外の散歩をすごい楽しみしているということでなければ様々なデメリットを考えてやめておく可能性が高いのではないかと思います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
追加で聞きたいことがあれば返信下さい。なければ下に書いた注意事項を守っていただき質問の終了をお願いします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問