JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

生まれて2ヶ月の時に物凄く、くしゃみをして慢性肺炎になり完全に治るまで6ヶ月程かかりました。その時首のリンパが腫れ肺

解決済みの質問:

生まれて2ヶ月の時に物凄く、くしゃみをして慢性肺炎になり完全に治るまで6ヶ月程かかりました。その時首のリンパが腫れ肺炎が治ってもリンパの腫れが引かず残ったまんまで心配なんです。主治医には定期的に診療してもらってますが、結局はリンパが腫れてても肺炎の症状が治ったので腫れは気にしないでもいいと言われ、そのまま慢性化して今でも腫れが残ったまんまなんです。食欲があまりありません。食べることは食べますが仕方なく食べてる感じです。元気はありますが、首のリンパ腫れが残ったまんまで心配なんで良きアドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いいたします❗
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
そういう子はたまにいますが、基本的には大丈夫ですし、何かしたら治るとか治さないといけなおというものではないです。
確認ですが、今現在くしゃみや鼻づまりを含めた鼻炎や肺炎の症状は全くないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
すばやい回答ありがとうございます❗喉仏の両脇に硬い腫れが残ったまんまなんです。毎回主治医に見せてますが元気だしとりあえず様子見ましょうと毎回言われ調べてくれません。首筋をこすり着ける動作はしょっちゅうやります。
今はくしゃみや肺炎の様子はまったくありません。犬種がキャバリアなだけに悪性リンパ腫とかになってなければ良いのですが、、、
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
まず、そもそもわんちゃんの首のリンパ節は人に比べてかなり大きく、正常な子でも目立ちます。
また、実は獣医師でも唾液腺とリンパ節は時々間違えます。
唾液腺のほうが大きく硬いことが多いです。
ですので、リンパ節なのか唾液腺なのかはわかりませんが、痛みがあったり大きくなってきたり、ほかのリンパ節が腫れてこなければ何の問題もありません。
先ほど書いた通り、そういった病的でないものは小さくする方法はありませんし、小さくする必要性もありません。
もしどうしても心配であればリンパ節を針で刺して細胞を見てもらう検査をしてもらってもいいですがその必要性はお話を聞く限りないと思いますし、やっても100%ガンじゃないと言える検査ではないので、私も主治医の先生と同様様子を見ていていいと思います。
定期的にそのリンパ節の大きさやほかのリンパ節が大きくなってきていないか見てもらうことで十分だと思いますよ。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問