JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10歳のマルチーズです。一年ほど前に多飲多尿で、検査の結果、クッシング症候群とわかり、アドレスタン10mgを半分にし

解決済みの質問:

10歳のマルチーズです。一年ほど前に多飲多尿で、検査の結果、クッシング症候群とわかり、アドレスタン10mgを半分にして朝晩服用しています。
多飲多尿はすぐに治まり、経過が良かったのですが、5か月ほど前から身体のあちこちのかゆみがひどくなり、掻きむしったり歯で足の先をひどく噛んでしまうため、ずっとカラーをしています。口の周りがほんの少し脱毛し腫脹しています。
ドッグフードによるアレルギーを考えて、掛りつけの先生がアミノペプチドフォーミュラを出した下さりちょうど二カ月になりますが、むしろ口の周りの赤みは強くなったように感じます。
アドレスタンの影響はありますか?一生かいいのもカラーをしているのもかわいそうです。
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
そうですか。。。
確かに症状はアレルギーの症状ですね。
アドレスタン自体へのアレルギーというのも可能性としてはありますがまれではあります。
もともとクッシング症候群がステロイドホルモンがですぎてしまう病気であり、アドレスタンはそれを抑えるお薬です。
ステロイドホルモンは抗炎症作用があり、アレルギーの時に薬として使うことが多いです。
アレルギー体質がクッシング症候群でうまくカバーされていて、クッシング症候群を治療することでステロイドホルモンが減ってアレルギーが出てしまった可能性はあると思います。
ですのでやることとしては大きく3つ
1.アドレスタンの用量を減らす
これによりステロイドホルモンが増えてかゆみが増しになる可能性もあります。
ただし、それをすることでクッシング症候群の治療のコントロールが悪くなる可能性はあります。
2.他の製剤に変える
アドレスタンはトリロスタンという薬ですが、他のメーカーからも同じ薬が出ています。
薬の成分ではなく、それをとかしている基材へのアレルギーが出ることがあるのでメーカーを変えるとよくなることがあります。
3.食事の変更
アレルギー食は様々あるので、他に変えてみるのも1つです。
以上が今考えられる対策です。
どれがうまくいくかはやってみないとわからなく、実際にやってみての効果判定になるとおもいます。
一度かかりつけの先生と、こんなことを聞きましたが、、という感じで相談してみてください。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問