JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳シェパード雑種です 急に元気がなくなり検査の結果赤血球が少なく ステロイド剤を1週間飲みました。少し元気が出た気がしますが 検査の数値は横ばいです MCV37.3 MCH

解決済みの質問:

13歳シェパード雑種です 急に元気がなくなり検査の結果赤血球が少なく ステロイド剤を1週間飲みました。少し元気が出た気がしますが
検査の数値は横ばいです MCV37.3 MCH13.8で特に低く 死ぬのではと心配です
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
McvやMchは貧血の程度を表しませんが、RBCやPCV(HT)はいくつでしたか?
また、腎臓の数値は大丈夫ですか?
レントゲンだけではなく、超音波検査で腫瘍は見つからなかったということですか?
それから、貧血の原因はわからないといわれていますか?それが何か病名を言われていますか?
もう少し情報をお願いします
質問者: 返答済み 1 年 前.

RBCは5.71 PCV は分かりません  ガンはありません

10種ワクチン接種を11/28にしてから元気がなくなった気がします

ハンバーグ シチュウとか 少しですが 時々食べさせました

名は不明です    ワクチン接種はいつもは違う病院でしていて8種でした

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
その数値は貧血かどうかの境目(RBCの正常値5.5~8.0くらいです)で、それで命に係わるとかひどく元気がなくなるということはありません。
また、貧血がなければMCVやMCHはあまり気にしなくても構いません。
それ以外に原因があると思いますが、心臓が悪いとか、ホルモンの検査はしてもらっていますか?
また、ステロイドを飲んでいるのは貧血のせいといわれましたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

貧血の原因が分からないので ステロイドを飲んで血管の網目を小さくすると聞きました 治療始めて1週間です ホルモン検査もしました

このまま数値が改善しなかったら 輸血とか人グロブリン?の方法もあると説明を聞きました

検査票を見ていたら血小板も41と低いし治療しても治るかと不安が募り相談しました  かかりつけの先生は質問に丁寧に教えてくれると思っています

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
正直RBCの数値を見ると高齢犬の子ではそれくらいの子がほとんどであり、全く気になりませんが、数値は間違っていないですか?
こちらの正常値も参考に見てください。
http://l-vet.com/modules/pico2/index.php?content_id=35
もし可能であれば検査結果の写真の添付などがあるとありがたいです。
それからホルモン検査は具体的な検査項目と結果を教えてください。
ここでの質問でよくあるのですが、「検査はしました。正常でした」という返答が来た場合でもよくよく聞くと、していないことが多いです。
それによってかなり回答が変わってしまい、意味のない質問になってしまうこともあるので、しつこくて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.

写真を撮って送る操作が出来ません 正常値の見せていただきました

私の票にあるのと 大差ないと思います

今日診察した時 若い赤血球がはたくさんだが 形が薄いと話がありました

低い数値 HCT 21.3 HGB7.9 MCV13.8 MCH13.8

標準値  RBC5.71  MCHC37.1

高値   RDW29.9 RETIC234.1 WBC19.25

パソコン上手く使えないのですみません

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうでしたか。
ありがとうございます。
HCTもありますね。こちらは確かに低めではあります。
ここからは小球性貧血というものに当たります。
これは小さい赤血球しかできず、そのために貧血を起こすものです。
若い赤血球がたくさんあるというのは、再生性貧血と言って、赤血球を作っているのに、出血あるいは溶血によって赤血球が出ていったり壊されたりして貧血になってしまうものです。
出血性貧血、あるいは鉄欠乏性貧血などが原因になることが多いです。
よくあるのは、消化管出血による貧血です。
出血は体の外に出るとは限らず、胃腸内や腹腔内に出血すると見た目にはわかりません。
腹腔内出血の場合は、エコー検査でわかりますので、おそらくないと思いますが、消化管出血は意外に見落とされがちです。
便の色が少し濃くなってきているのであれば可能性がかなり高いでしょう。
その場合は、ステロイドが逆効果ですので、注意が必要です。
それから、鉄欠乏性貧血は、食事性のものだけでなく、慢性炎症や慢性感染症、腫瘍性の病気でもよく見られます。
溶血性貧血ではあまり小球性になることは多くなく、また経過も急性の経過をたどることが多いので、10日でじわじわととか、あまり変化がないということは多くはありません。
私はやはりどこかに腫瘍があるか、もしくは消化管出血があるのではないかと思います。
今の病院でできるのであれば再度エコー検査をしっかりしてもらい、場合によってはCTや内視鏡検査をしてもらったほうがいいかと思います。
それが無理ならそれができるような大きめの病院や大学病院を紹介してもらったほうがいいでしょう。
あまり原因がわからないまま治療していても逆効果になることがありますので、よくなってこなければ早めに積極的な検査をしてもらったほうがいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問