JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1216
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

5才半のトイプードルがこの4ヶ月で白内障になりました。眼科専門医に行ったところ、片目は進行し、ぶどう膜炎になっていて

質問者の質問

5才半のトイプードルがこの4ヶ月で白内障になりました。眼科専門医に行ったところ、片目は進行し、ぶどう膜炎になっていて、白内障手術をしても、生きているうちにいずれ高眼圧→網膜剥離になると思うとの話でした。また、ぶどう膜炎の炎症が落ち着かないと手術は不可能とのことで、進行が早いのですが、1ヶ月後に眼底検査となりました。
とても不安なのですが、白内障は進行が進むと手術不可能となる可能性もあり心配です。ぶどう膜炎は炎症が治るのに1ヶ月必要でしょうか。また、手術後にも高眼圧、網膜剥離の脅威は高確率で有るのでしょうか。
白内障は手術をしない場合、進行し、緑内障、網膜剥離につながるとのことでしたので、手術をしてもしなくても、結果は同じかと思うと悲しくなります。今は少しでも進行しないようにビタミンC含有量の多いローズヒップを少しあげています。
よろしくお願いいたします(;_;)
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 ぶどう膜炎の場合、目の中の炎症であり、白内障手術は水晶体を吸引して、眼内に新しい人工のレンズを挿入するという手術内容なので、念には念を押して炎症を抑える必要があるため、1ヶ月の治療期間は妥当だと思われます。 中途半端な状態で手術に踏み切ってしまうと、炎症、感染のコントロールがつかなくなり、最悪の場合は失明だけでなく眼球摘出などの必要が出てくる場合もあります。 しっかりとぶどう膜炎の治療をされて、白内障の手術を行った場合は、必ずしも高眼圧、網膜剥離を起こすとは限らず、また白内障が進行していくことで過熟白内障といった炎症が重度になってしまう状態を防ぐことができますので、手術自体は有用だと思いますよ。 既に眼科の専門医の病院にかかられているとのことなので、まずは現状のぶどう膜炎をしっかりと治療してから、手術が可能な状態であれば前向きに検討していくというのはいかがでしょう?
質問者: 返答済み 1 年 前.
1つの病院では、成熟白内障との診断でしたが、
不安になったために、もう一つの眼科専門にセカンドオピニオンとして行きました。
もう一つでは非常に丁寧な診断で、過熟白内障とのことでした。
水晶体が壊れて、中身が出ているとのことです。
もし、この状態で手術をしても、網膜剥離などはなく障害が過ごせるのか心配しています。何度もすいません。
よろしくお願いします。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
中身が脱出してしまっている場合には、眼内レンズを入れる水晶体嚢という袋のような部分が正常ではない可能性が高く、手術自体が適応とならない場合も想定しなくてはならないと思います。 この場合は、外科的な処置というよりは、定期的な検診により眼圧測定を行ったり、必要に応じて抗炎症の点眼薬などを行って内科的に高眼圧、網膜剥離となりにくいように管理していき、現状の維持に務めるという方法になってしまうかもしれません。 網膜剥離は基本的に高眼圧や重度の炎症などから起こってきますので、それらを予防しておけばリスクは最小限にできるでしょう。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
回答はご覧になれましたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
遅くなってしまってすいません。
必ずしも高眼圧→網膜剥離に進ということではないようで非常に安心しました。高眼圧にならないためにもメニわんのカシスサプリをあげていこうかなと思います。
病院の待合室では、白内障手術後1年頃に網膜剥離を患ってしまったワンちゃんを複数見かけました。そのため怖くなり、こちらにて相談しみました。ありがとうございます!
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 まずは、現在のぶどう膜炎をしっかりと改善させるように、点眼など治療を頑張ってみてください。 それではどうぞお大事になさってください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
評価を非常に満足とボタンを押したつもりが、間違えてしまったようです。変更出来ず残念ですが、気持ちだけお伝えさせてください。
ありがとうございました!
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
わざわざコメントしていただきありがとうございます。 また経過であったり、新たなご質問等ありましたらいつでもご相談ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お言葉に甘えて、経過を連絡します。
網膜電位検査の結果、成熟白内障(過熟白内障?)ですが、手術可能とのことでした。しかし、やはりここまで進行しているといづれ網膜剥離か緑内障になるとの話でした。過去に遺伝性の過熟白内障で手術を行い、かつ網膜剥離などにならなずに障害を過ごせた犬はいないのでしょうか。
どうしても不安に駆られてしまったため、同じ質問で申し訳ありません。病院で、術後に網膜剥離を患ったワンちゃんを何頭かみているので、それならば手術しない方が網膜剥離になる確率は低いのかなと思ってしまっています。よろしくお願いします。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
経過のご報告ありがとうございます。
返信非常に遅くなってしまい申し訳ございません。
手術を行うかどうかの考えですが、お考えになる際のポイントをお伝えしたいと思います。
手術を行うメリットとしては、例え後々に網膜剥離や緑内障を起こすとしても、白内障はやはり視力に大きくかかわってきますので、手術を受けられることでわんちゃんの生活の質を一時的に向上させてあげることができるということです。
眼科の専門医の先生も、手術自体は可能だが、後に別の眼病になりやすいという説明をされているのは、飼い主様の価値観がそれぞれ大きく異るため、どちらがいいと勧めにくいため、最終選択を飼い主様に行ってもらうという意味での説明でしょう。
例を挙げると、例えすぐに網膜剥離などを起こしてしまって、結果として視力を失ってしまうのであれば、一時的な視力改善のために全身麻酔での手術や術後のエリザベスカラーや頻繁な点眼などの負担がかかるような事はされたくないという方も多いと思います。
また、少しでも視力改善がみられて、必ずしも全頭が眼病を発症してしまうというのは生物学的にあり得ない話ですので、可能性に賭けて手術をご希望されるというのも決して悪くない判断で、実際にそうされている飼い主様もいるでしょう。
詳しくどの程度の割合で今回のような例で白内障手術を行った、行っていなかった状態で網膜剥離や緑内障の発症率に差があるのかは、申し訳ありませんが私自身が白内障手術は専門外なので実際の症例の例でお伝えすることはできません。
一度かかりつけの眼科の専門病院の先生に詳細なデータなどがないかという事をお伺いして、その割合を元に飼い主様の判断で手術をする決断またはこのまま内科で様子を見ていく判断をされると良いと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答ありがとうございます。
手術の判断として、非常に分かりやすかったです。
とても悩みますが、家族で相談しようと思います。
ありがとうございました!
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 またご質問ありましたらいつでもご相談してください。

犬 についての関連する質問