JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳のパピヨン(雄)を飼っていますが、昨日から、突然、前の左足が浮いてブラブラの状態になっています。痛がる様子は無

解決済みの質問:

15歳のパピヨン(雄)を飼っていますが、昨日から、突然、前の左足が浮いてブラブラの状態になっています。痛がる様子は無く、食欲も普通にあります。
骨折、脱臼等の可能性はあるのでしょうか?
老犬で目も殆ど見えてなく、危ないので、ずっとケージに入れて飼っています。
正直、動物病院で手術等になれば、金銭的なこともあり、不安になっています。
適切なアドバイスを頂ければ幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
そうですね。
可能性としては脱臼と骨折のどちらかということになります。
どちらも通常は痛いのですが、脱臼の場合は高齢でもともと関節の構造がかなり悪くなっていた場合、脱臼してもあまり痛くないことがあるので脱臼の方が可能性は高いでしょう。
骨折でも高齢の子で感覚が鈍っていると痛みがあまりわからないこともありますが、それでも多少は痛がることがほとんどです。
痛みがないのであればそのままにしておくのも1つですが、足をつくようになることは考えにくいです。
肩関節の脱臼は手術が難しいですが、軽い鎮静剤を使って、はめてしばらく固定をしておくと手術なしでもうまくいく場合もあります。
病院にいって手術が適応だから絶対に手術をしなければならないというわけでもないですし、高齢なので手術自体も微妙です。
置いておくと固まってしまって脱臼の整復ができなくなってしまうこともあるので、まずは早めに病院でみてもらい、どのような治療法があるのか聞いた上で飼い主さんが決めてもらって何の問題もありません。
早めに見てもらうことをお勧めします。
質問者: 返答済み 1 年 前.

早速のご回答有難うございます。

病院に連れて行かなかった場合、足をつかなくなる以外のデメリットはありますか?例えば、排泄とかはどうでしょうか?オシッコは普通にしますが、ウンチは毎朝するのですが、本日はしていません。

あと、手術以外の場合の治療費の目安はいくらくらいでしょうか?

お手数ですが、御教示頂ければ幸いです。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
やはり踏ん張りが利かないというのが一番のデメリットです。
高齢の子では多かれ少なかれ関節炎がある子が多いので、他の足もよわっていて踏ん張れないとか徐々に運動しづらくなることが考えられます。
うんこが出ていないのも踏ん張りが利かないせいかもしれません。
それから、費用は病院によって違いますので何とも言えませんが、レントゲンと、鎮静前の血液検査、固定の費用などで2から5万円くらいかと思います。
病院でみてもらって、処置にいくらかかるか聞いて決めてもらった方が確実ですよ
質問者: 返答済み 1 年 前.

度々、すみません。

正直、金銭的な余裕が無いので、数万円の出費も痛いので、パピヨンの平均寿命も過ぎているし、年も年なので、このままにしておこうと思ったりもするのですが、やはり無責任でしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
それは飼い主さんの選択肢なので私が何か言うことではありません。
ただし、診察だけであれば1000円くらいですので、まず費用の話をして診察してもらった上で、検査や治療をどうするのか相談してもらうことを私は進めます。
文面だけの判断ですので、脱臼ではない可能性もありますし。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問